アクアリウム用 砂、アクセサリの炭酸塩溶出テスト

石や砂の中には、水が酸性に傾くと、炭酸塩が溶出(水の硬度が上昇)するものがある。導入しようとしている材料が問題ないか調べるには、酸性水に浸漬すればよい。

 酸性水は、CO2を抜いた水道水に硫酸を入れてPH5.2に調整して作った。塩酸だと揮発してしまうかもしれないが、硫酸であれば大丈夫だ。

 テストするものは裏山で拾ってきたチャート、大磯砂、熱帯魚用に売られている珪化木である。チャートは基本的に石英質なので水質にはなんの影響も与えないはず。大磯はいろんな火成岩から成り、貝殻は入っていない。桂化木は炭酸カルシウムを含むので、基本的には影響があるはずだ。浸漬して10日後の測定結果は次の通り。

評価項目 PH KH GH
大磯砂 5.2 1以下 19
珪化木 6.5 3 13
チャート 5.2 1以下 3
試液水 5.2 1以下 2

チャートは予想通りほとんど変化なし。大磯はGH(硬度)だけ大きく上昇。ミネラル豊富な水を作るのに有用かもしれない。ただ、よくいわれるKHの上昇(PH上昇)はなかった。この砂は半年以上使ったものなので、炭酸塩は抜けてしまったのかもしれない。珪化木はKH,GHの両方を上げるのでカラシンの水槽には使えそうもない。

 

<参考購入先>
水質テスト・管理用品 一度にいろんな水質を計れるスティックタイプのものが便利です
水質測定用試薬 一通り持っていると便利です