試乗記~日産 アベニール 2WDサリューX

試乗日:1999/9/19

ボディ・内装
 外観は部分的にレガシィと似たところがあるものの、全体的な印象はスタイリッシュなスポーツワゴン。リアハッチはガラスだけ開くという特徴があるが、どういう使い方を想定しているのか意味不明。これはユーザーニーズではなく、メーカーのアイデアだろう。

 

 内装は全体的にスポーティな印象。インパネのデザインは情けないことにレガシィそっくり。しかも古い印象。

走り
 乗り味はいかにも日産、スポーツの意識が濃い。重い車重が災いしてトルク感、加速感共にそこそこ。グッとくるような加速感は得られない。
 サスの味付けはやや堅めでスポーティなイメージを感じさせる。ロードノイズは非常に少なく室内は静か。ブレーキフィールもなかなかよい。レガシィより上等。
 CVTの6速マニュアル変速は変速ショックをほとんど感じさせない。しかしギア比の設定が今ひとつで同じ6速のロードスターに比べると面白みに欠ける。高回転で引っ張りながらテンポよくシフトアップし、グイグイ加速させるような楽しさはない。最初はちょっといじってみても結局Dに入れっぱなしになるだろう。Dに入れて運転したときがもっとも静かで快適。
 マニュアルモードを使ってシフトアップすると時々カリカリというような小さな異音がする点が気になる。
総合
 アベニールはプリメーラワゴンと同一価格帯にあり、クルマの中身もよく似ていてデザインの好みで選択する感じになっている。アベニールの必要性がどうもわからない。結局レガシィのようなクルマが欲しくて用意しただけのように見える。営業マンは開閉可能なガラスリアハッチをしきりに強調していた。それしか特徴がないのが悲しい。
 ワゴンブームが去ればプリメーラワゴンは自然消滅するだろう。アベニールは経済仕様なので、営業車として残るかもしれない。 

 

<参考購入先>
アベニールのすべて
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤