自動車用コーティング TOTOハイドロテクトを頼んでみた

 酸化チタンを使ったボディコートが実用化された。このボディコートは、雨が降り、日光にさらされるほど汚れが落ちてクルマがきれいになるという。屋外駐車のオーナーにとって、理想に見えるコーティングだ。 但し、良いことばかりとは限らない。

 

 酸化チタンは白い粒子のため、ワックスのようなツヤは期待できない。濃色車に塗ると白くボヤけた感じなってしまうだろう。そのため、このコートは濃色車には向かないとされる。

 酸化チタンそのものの寿命は半永久的だが、クルマの塗装面にはバインダーで固定しなければならない。従い、コーティングの寿命はバインダーの耐久性によって決まってしまう(このあたりはフッ素樹脂と同じ)。

 

 

 酸化チタンで汚れを落とす原理は、水と光による酸化作用だ。とすると、同時に塗装面も劣化させる恐れがある。おそらく、これを防ぐために下地コートをすると思う。この下地コートもコーティングの寿命を左右する要因だ。

 酸化チタンのコーティングサービスを始めたと言うことは、この辺の課題をある程度クリアしたのだろう。

 今回購入したトヨタ プラッツに施工した。今後経過報告をしていこうと思う。

 

<参考購入先>
コーティング商品

<続きの記事>
クルマの究極ボディケア~ペイントシーラントとTOTOハイドロテクトの教訓