生ゴミ処理1~セットアップ

 最近は生ゴミ処理の研究が進んできて、特別な菌資材を使わなくても、園芸用の土に生ゴミを埋め、時々かき混ぜるようなやり方で十分な生物分解ができるという実験報告がある。菌の活動がうまくいっているときは、ほとんど臭いもしないそうだ。生ゴミを分解するバクテリアは、わざわざ買わなくても空気中にいくらでもいるらしい。

ponpa4 運用に失敗したポンパーの容器を利用して実験を開始。この容器の大きさと深さは、家庭用の処理に適当だ。
 菌床となる土は、ぱらぱらしていて通気性がよく、比重が軽くてかき混ぜやすいものがよい。そんな条件を満たすものとして選んだのが腐葉土。

 今回頼りにするのは好気性のバクテリアなので、ポンパーの蓋は撤去した。今後経過を紹介していくつもりだ。

 

続き>>生ゴミ処理2

 

<関連商品>
腐葉土
生ゴミ処理機一覧
コンポスト容器一覧

<関連記事>
生ゴミ処理