カーオーディオのデザイン

 カーオーディオ、カーナビなどの社外コンポのデザインは問題アリだ。カーショップには下品なデザインのコンポが並ぶ。

 写真は2000年頃のカーオーディオのカタログ。キンキンキラキラのイルミが付く奇妙な外観に歪んだ形のボタンが配置されている。

 

 

 

 クルマを買うとインパネに空調コントロールやラジオなどが付いてくる。社外コンポを追加するとき、少なくともパネルの色とイルミの色を純正に合わせないとインパネのデザインが破綻してしまう。
 例えば、純正が黒いパネルにグリーンのイルミだとしよう。そこへクロームシルバーやゴールドのパネルにキラキラディスプレイのものが付いたら、そこだけが完全に浮いて見える。他人に見せたらセンスを疑われてしまうだろう。

 残念ながら、店頭に並ぶカーオーディオのほとんどは、どのクルマにもマッチしない、下劣なデザインのものがほとんどだ。
 純正オプションのコンポは一見地味だが、インテリアとの調和が考えられているものが多い。装着イメージもカタログに載っているので選びやすい。社外品よりやや高価だが、純正を選ぶ理由がここにある。

 

<参考購入先>
カーオーディオ一覧 まともなデザインの商品はあるでしょうか
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤

 <関連記事>
カーオーディオの音質を良くする~正しい改善の手順