アクアリウム用濾過装置の選び方

 濾過装置はアクアリウムの成功の要だ。沢山の商品があり、初心者は選択に迷うかもしれない。今回は最も実用性の高い外部式フィルタと上面式フィルタについて、その選び方からセッティング、メンテナンスのポイントまでをご紹介する。

 

選択の基本

 物理濾過と生物濾過が明確に分離して使えるものを選ぶことが基本になる。具体的には、物理濾過をするためのプレフィルタが何らかの形で実装できればいい。市販の商品の多くが物理濾過と生物濾過がはっきり分かれていない。物理濾過と生物濾過が一緒になっていると、濾材を定期的に交換または洗浄することになり、濾過能力が低下して水槽のバランスを崩すリスクを生じる。

 濾材を入れる容器の形状によって、濾過能力は大きく変わる。例えば、同じ量の濾材であっても、水の入口面積が狭く深い形のものより、面積が広く浅い形の方が、高い濾過能力を期待できる。なぜなら、層が深いと、酸素が上層部で消費されてしまい、下層部まで十分行き届かないことがあるためだ。

 入り口が狭くて深い容器でも、流速が速ければ下層部まで濾過を機能させることが出来る。外部フィルタは入り口が狭く、深形になりやすいので、流速が落ちないように水の抵抗を減らすことが重要になる。特に、抵抗になりやすいプレフィルタの選択に注意が必要だ。

 

外部式フィルタ

filter2 外部式フィルタは構造上CO2が逃げにくく、水槽の上面がすべて照明を載せるスペースにできることから、水草水槽に適した濾過装置だ。

 いろんなメーカから商品が出ているが、破損したときの交換部品が豊富に揃っているものを選ぶ。その点、フルーバルかエーハイムが無難だ。エーハイムは高価なので、わが家ではフルーバルを使っている。

※:現在写真の機種は販売されていません

 

外部フィルタのセッティング

 内部はコンテナで分かれていても、そうでなくても、基本的に全て洗車スポンジを角切りした生物濾材を詰める。詳細はこちらを参照。物理濾過は、吸水口にスポンジのプレフィルターを付けて行う。外部式フィルタでは内部で物理濾過をすると容積が無駄になるし、メンテがしにくくなる。吸水口につけるのがベスト。

 排水パイプのエンドキャップは、外して使うのが基本。排水パイプを利用した高効率なCO2溶解システムもあるので参考にして欲しい。

外部フィルタのメンテナンス

 排水パイプから出る水に注意し、水量が減ってきたら吸水口に取り付けたプレフィルターを取り外して洗う。詰まったまま放置すると濾材のバクテリアが酸欠で死んでしまうので、くれぐれも注意して欲しい。

 外部フィルタ内部の生物濾材は、半年に一回くらい点検する。中のコンテナを引き上げていったん外に出す。コンテナを引き上げることで水が逆流し、アミ目などに詰まっていたゴミが落ちる(逆洗)。フィルタ本体容器の中に残った水は捨てる。
 インペラー周辺や、本体容器の内側が汚れている場合は洗う。コンテナに詰めたスポンジ濾材を外に出したり、水道水をかけて洗ったりしてはならない。

 コンテナを出したついでに、洗車スポンジ濾材を観察する。色でバクテリアの発生状況がわかる。好気性のバクテリアは、酸素の豊富な下段から発生してくるので、褐色のグラデーションが観察できる。

 

 

上面式フィルタ

 セットで売っている水槽を買ってくると大抵付いてくるもの。安い装置だが、濾過能力は非常に高い。それは、水の入口面積が広いことと、濾材が空気に近い場所に配置され、酸素の供給が十分行われるためだ。
 そのため、同じ容積の濾材を使った場合、外部式フィルタより高い濾過能力が期待できる。さらに、プレフィルタの詰まりなどが原因で濾材が酸欠になるリスクが少ない。

 欠点は、照明を置くスペースが少ない、水面が波立つことでCO2を逃がしやすいことが指摘されている。そのため、水草水槽に向かないとされる。
 CO2については、水を濾過装置の底面に触れるまで入れることである程度カバーできる。照明については、水草の種類や配置を工夫すれば問題ない。上面式フィルタと蛍光灯2本だけでも、こちらのような水草水槽を作ることも可能だ。

 

上面式フィルタのセッティング、メンテナンス

 こちらを参照。標準で付いてくる白いウールマットは濾過能力が安定しないので使わない。

 

<参考購入先>
エーハイム クラシックフィルター 外部フィルタの定番。コンテナが無い分沢山の濾材を詰め込める。スポンジ濾材は台所用の目の荒いネットに入れておくと簡単に取り出せる。
上面式フィルタ一覧 コストパフォーマンスに優れたフィルタです
ストレーナー用のスポンジ