バクテリアは乾燥保存できるか

 バクテリアの付いた濾材を天日干しすると大半が乾いて死んでしまうが、一部が休眠状態になって生き残るらしい。そのため、新しく水槽を立ち上げる際、使い古しの底砂や濾材を使うと、新品を使うより濾過の立ち上がりが早いことが経験的に知られている。

 専門家の話によると、1,000億個/cm3 のバクテリアが存在する濾材を天日干しすると、 1億/cm3 程度になるという。減ったと言っても相当な数が休眠状態で存在していることになる。
 一度使った砂や濾材は、沢山のバクテリアが休眠状態で着いており、アクも抜けきっている。これが黄金の砂、黄金の濾材と言われるゆえんなのだろう。

 

 <参考購入先>
バクテリア商品 この手の商品はなくなりませんね。バクテリアはそこで自然に発生したものがベストです
スポンジ系濾材