熱帯魚の餌の選び方

 これまで使ってきた乾燥餌を中心にレビューする。乾燥餌は一般的に、一定時間水に浮かんだあと、ゆっくり沈み、沈んだ後もすぐ水に溶けないものがよいと考えられる。これらの性質をそれぞれ「浮遊性」「沈降性「分解性」と表現する。
 タブレットのように魚の特性に合わせて最初から沈んだままの餌の場合は、水中で容易に崩れたり溶けないことや、塊のまま取り出しやすいことがポイントになる。タブレットは1個の量がかなり多く、食べ残しを放っておくと水質を悪化させるので、食べ残しは必ず取り出す必要がある。
 以下、品目別にレビューする。

 

テトラミン
 最もポピュラーな飼料。浮遊性、沈降性、分解性すべてにもバランスがとれていて優秀。容易に破砕し、魚の口のサイズを問わない。ほとんどの場合、これで事足りる。熱帯魚用より、金魚用のテトラフィンが安価でお勧め。

プチクリル
 エビを乾燥させたもので嗜好性が強く、淡水魚、海水魚に関係なくオールマイティに使える。指で簡単に砕けるので、どんなサイズの魚にも適合する。価格も安く、給餌量も管理しやすい。

テトラミン ベビー
 生まれたての稚魚に適している。これも小さいながら浮遊性、沈降性、分解性のバランスがよく、ブラインシュリンプの補助として有益。

テトラ プランクトン
 我が家でメインに使っている。飼料をGetするのが下手なグラミーに適する。爪楊枝でシールに数カ所穴を開け、コショウを振るようにして与えると量の調整がやりやすい。 このエサは、コケの原因になる成分を多く含むようなので、少な目を心がける。

テトラ コリドラス
 エビ用飼料として使用。水中で溶けにくく、水を汚しにくい。長時間沈めていると脆くなるので、その前に食べ残しを取り出す。

チャーミープレコ
 エビ用飼料として重宝するタブレット。嗜好性はテトラ コリドラスと同じだが、12時間経っても崩れず、取り出しやすい。あまり嗜好性は高くないが、オトシンの飼料としても有効。

HIKARI CREST プレコ
 こちらもエビ用飼料として有効だが、すぐに崩れてしまい、取り出しが大変。チャーミープレコがお勧め。

セラ ビフォルモ
 錠剤のようなタブレットだが、水に入れるとすぐに崩れてしまうのでお勧めできない。

ブラインシュリンプエッグス
 日本動物薬品株式会社  稚魚用飼料として主に使う。嗜好性は極めて高い。

キョーリン クリーン赤虫
 魚、エビ共に嗜好性の高い飼料で栄養価も高い。食欲の衰えた病魚の体力回復に有効。良からぬ微生物や病原体を持ち込みやすいので熱湯で湯通ししてから与える。

無農薬ほうれん草
 オトシンやエビに対し嗜好性の強い飼料で、柔らかく煮て使う。エビに限らず、エンゼル、グラミー、カラシンの類も食べる。自家菜園で作るとお得。屋外は虫がつきやすいので室内の水耕栽培が良い。

 

<参考購入先>
ホウレンソウ種子 オトシンには自家栽培の無農薬ほうれん草を水耕栽培で。タブレットなどは結局はあまり食べない。
ハイポニカ液体肥料500mlセット 水耕栽培用液体肥料
活き糸ミミズ100g 嗜好性抜群の生餌です