R32スカイラインからの乗り換えの難しさ

 R32スカイラインから乗り換えようと試乗を重ねているが、なかなか満足いくクルマがない。スカイラインの魅力は、スポーツと居住性が高次元でバランスされていることだが、この点でスカイラインを越えるものが未だ存在しないように感じる。

 

 R32から別のスポーツカーに乗り換えて後悔したという話をよく耳にする。確かにスカイラインに一度乗ってしまうと、どんなクルマに乗っても不満を感じてしまうようだ。スカイラインを越えるものは、スカイラインしかないのではないか、と思うようになってきた。

 例えば、レガシィB4はどうだ、スープラはどうだ、アコードユーロRのほうがいいんじゃないか?と思う人がいるかもしれないが、スカイラインの走りのレベルは、これらとは比較にならないくらいよく出来ている。

 雑誌で見るスポーツカーの特集記事では、パワーは何馬力だの、ゼロヨンはどうの、サーキットのタイムは何秒といった動力性能を比較している。このような記事のせいで、消費者もスポーツカーといえばこのような動力性能が重要であるかのうように勘違いしてしまうようだ。一度高レベルのスポーツカーのオーナーになると、こういった動力性能はスポーツカーの数ある特性の一つにすぎないことがわかる。

 

 今までスポーツカーに乗ったことがない人が「たまにはスポーツカーに乗ってみよう」と考え、アルテッツアを選択した人は、「なんだ、スポーツカーってこんなもんか」という印象で終わるだろう。アルテッツアは車検などを機に未練もなく売られてしまい、オーナーは次のクルマを自由に選択するに違いない。
 スカイラインに乗ってきた人は次が難しい。何に乗っても「今までより良くなった」と感じられないのだ。そこで次もスカイラインにしようと思うが、チープに劣化したインテリアが気になって購入に踏み切れない。スカイラインユーザーが乗り換えに苦しむのは、日産が新型スカイラインを魅力的にしてくれないところにも原因がある。

 

<参考購入先>
R32 スカイラインの関連商品

<関連記事>
スカイライン