BCLラジオの魅力

出典:短波 1979年2月

 1970年代の後半、BCLブームがあった。当時、私は小学生だった。友人がラジオを持ち始めると、私も親に買ってもらった。それがナショナルPROCEED2600だった。受信報告書をセッセと書いてベリカードのコレクションに励んだのを思い出す。

 

 ベリカードのコレクション(一部)。私の宝物。これを見ると、当時の思い出が蘇る。
 友人と交換したり、人にあげたこともあったが、これは賞状などと同じ、自分だけに意味あるもの。

 

 やがてBCLブームは過ぎ去り、使わなくなったPROCEED2600は長いこと押入の奥にしまい込んであった。ふと思い立ってヤフーのオークションに出品してみた。

pc2600 ヤフオクに出品したBCLラジオ。注目度が高く、最終的にはなんと、当時の買値より高い値段が付いた。

「なんでこんなに高く売れるんだろう?」

 

 

 最近のラジオは進化している。同期検波回路を搭載し、ワンプッシュで選曲できる仕組みによって即座に受信できる。小型軽量で持ち運び容易。しかし、何か味気ない。

 私には当時憧れのラジオがあった。SONYのICF-6800。これはPROCEED2600よりずっと高価で小学生が持てる代物ではなかったが、友人の一人がICF-6800の弟機、ICF-6700を持っていたので触ったことがある。
 チューニングダイヤルにフライホイールが付いていて、勢いをつけて回すとしばらく回りつづけた。この重厚感があり滑らかに回るダイヤルはとても感触が良かったのを覚えている。

 ラジオのチューニングというと、やっぱりこの「ダイヤル」ではないかと思う。ダイヤルを微妙に操作しながら、未知の電波を探索する、これは、BCLの醍醐味の一つだった。当時はこのダイヤルの操作感が、ラジオの機能の中で特に重視されていたように思う。

 それと、この時代のラジオは音も重視されていて、結構サイズのあるスピーカが、大きく作られたラジオ本体に収められていた。このおかげで、雑音の中でも聞き疲れせず、遠い異国の放送を楽しむことが出来た。

 

 チューニングダイヤルのメカ、感度メーター、スピーカーの音質・・BCLラジオ全盛期に作られた製品は、その魅力に溢れている。現代、このような製品を作るメーカーはどこにもない。これが、1970年代のラジオが高く評価されている理由に違いない。

 

<参考購入先>
BCLラジオ アマゾンで中古が買えます
BCLのカタログ、修理の本