水槽のセットアップ手順

 新しく60cm水槽をセットアップする機会があったのでその手順をご紹介します。水槽を新規にセットする際の参考にしてください。

 

砂の準備 (1999/8/29~8/30)

ooiso 今回は水草を多少植えるので砂を入れる。砂はいろんなものが市販されているが、大磯砂を使う。この砂は自然な風合いと劣化しない特徴が評価され広く使われている。

 大磯砂の荒さは3種類ある。水草水槽では最も粒子の細かい「細目」が最適だが、今回は中目(平均粒径4mm程度)を使う。これを15Kgと、大きめのバケツを2個用意する。

 

wash 大磯砂を水草に使う場合は塩酸でカルシウムを除去しておく必要がある。これをやらないとCO2がカルシウムに反応して消費されてしまうほか、水質がアルカリになるため水草が育ちにくい。

 まずは、ざるに入れてお米を研ぐような要領で少しずつ洗う。このとき目に付いた貝殻は取り除いておく。作業は必ず厚手のゴム手袋をして行う。

 

 

sansyori 塩酸は「強塩酸」として売られているものを使う。その量は、砂に対し200cc/10Kgが標準。十分大きなバケツに水4Lと砂10Kgを入れ、強塩酸を入れて静かに攪拌する。強塩酸は薬局で手に入る(印鑑が必要)。

 塩酸を入れると、写真のようにプクプク泡が出てくる。塩酸処理の詳細レシピは、こちらをご参照。

 

強塩酸の取り扱いは極めて危険です。この作業はあくまで自己責任で行ってください。

 


 

水槽の初期セット (1999/8/30)

urozai

 今回使用する濾過器は「上面式」。底にスポンジ濾材を敷き、その上にセラミック製のリング濾材、さらに2~3mm目程度のネットを載せた三層構造にする。写真はこの構造がわかりやすく見えるよう三分の一ずつ順番に重ねたもの。外部式フィルタの場合は吸水口にプレフィルタ(目の粗いスポンジ)を付け、フィルタのコンテナの中は全て洗車スポンジ濾材にする。セットアップの詳細はこちらを参照ください。

 濾材のセットが終わったら水のガイドプレートをはめてみて、濾材との隙間(水の落下距離)をみる。これが10~15mm程度ならOK、隙間が狭いようならスポンジ濾材の量を減らして調整する。

 

main21 一通りセットが終わった様子。砂は全部使わず、1Kgくらい予備で取っておくと良い。砂は傾斜を付て敷くように、というアドバイスもあるが、すぐ平らになってしまうので最初から平らで良い。

 ヒータの通電を始めると砂に残る塩酸の残留分のせいで塩酸臭がする。これを逃がすため蓋のたぐいは全て取り払い換気を良くする。エアレーションを併用するとより効果的。

 

 


 

パイロットフィッシュの投入 (1999/8/30~8/31)

 濾過に必要なバクテリアは魚を入れないと増えない。塩酸の残留分もあるので最初は丈夫なアカヒレを2匹入れて一晩様子を見る。無事だったら、パイロットフィッシュを増やす。今回は次を投入した。

 パールグラミー×1  ブラックネオン×4  グローライトテトラ×3  アカヒレ×2(最初に追加したもの)

 合計10匹。どれも水質の悪化に強い魚たち。今回はいろんな種類の魚を混ぜてみたが、一種類でも良い。エサは毎日朝少しだけ与える。

 


 

導入後の様子 (1999/9/1~)

 

1999/9/2
 水中をただよう細かい粒子が減って水が澄んできた。 水質は、PH5.8、KH1以下、GH1以下、亜硝酸=測定限界以下、アンモニア=測定限界以下となっている。水道源水のPHが6.3だから、PHが下がっているのは塩酸の残留分が原因と見られる。

1999/9/5
 PH6.2、KH1以下、GH1以下、亜硝酸=測定限界以下、アンモニア=わずかに検出? アンモニア濃度はテトラの試薬で比色により判断しているので微妙。

1999/9/8
 PH6.5、亜硝酸=わずかに検出、アンモニア=検出されず。亜硝酸はテトラの試薬でかすかに色づいてきた。濾材の見た目はとくに変わりない。亜硝酸が検出されたということは、アンモニア硝化プロセスは終わってしまったのだろうか。

水槽の様子
inistick メイン水槽でトリミングした水草を植えた。水草を捨てるのが勿体無い事情で先に植えたが、本来は濾過の立ち上がり後が良い

 今回はグロッソを植えるので、肥料(テトラ・イニシャルスティック)をピンセットでグロッソを配置するエリアに5cm間隔で埋めた。肥料はコケの原因になることがあるので、少量に留める。

 

※濾過が完成していないうちに水草を入れると不都合を生じる。バクテリアが繁殖するためにエアレーションが有効だが、エアレーションするとCO2を発散させてしまい水草の生育が鈍る形になってしまう。

 後景を植える部分は上面式濾過装置の下になって光が弱いので、後景には光量不足に強い品種、成長の早い品種を植える。今回のレイアウトは、

 後景:サジタリア×18、ハイグロフィラ・ロザエネ×4、ジャイアントアンブリア×1
 前景:ウオータ・パコパ×2、グロッソ

となっている。サジタリアは生育条件が良いと爆発し、水面に届くくらい葉長が伸びる。グロッソは光量不足に弱いので左右の端を避けた前景に配置する。水草の育て方に関する詳細は、こちらを参照。
 水草を植えたらCO2を逃がさないよう、水深を濾過装置の底面が水没するまで増やして排水から泡が出ない形にする。水草を植えたので照明を今日から点灯させた。

1999/9/9
 水面が油膜でびっしり覆われているのが観察された。特に問題ないのでそのままにしておく。肥料を入れたせいで水がやや濁っている。

1999/9/11
 PH6.9、亜硝酸=0.2mg/L。亜硝酸は確かに上昇している。PHの上昇は水草にC02が消費された結果かもしれない。水草のために換水(CO2補給)をしたいところだが、換水すると亜硝酸が減って濾過の立ち上がりが遅れる心配がある。今は濾過の立ち上げを優先してそのまま様子を見る。水面の油膜は減ってきた。

1999/9/13
 PH7.0、亜硝酸=わずかに検出。亜硝酸が急激に下がった。濾材を確認してみると、セラミックのリングは変化がないが、底に入れたスポンジ濾材がやや茶色がかっているのが確認できた。ちなみにKHとGHは1以下のレベルを相変わらずキープしている。  水面の油膜は完全消滅した。

1999/9/16
 PH6.8、亜硝酸=0.2mg/L。14日から亜硝酸がもとのレベルに戻った。この前の数値は何だったのだろう?昨日からイースト菌発酵によるCO2添加を開始したのでPHが下がっている。
 水槽の壁面に茶色いコケが急速に増えた。よく見ると砂の表面や水草にも付いている。今まで一度も換水していないため水の富栄養化が進んでいる様子。今日は1/4程度の換水を実施した。この亜硝酸のレベルでコケ掃除にオトシンやエビを入れるはまだ早い。

1999/9/17
main22 PH6.6、亜硝酸=測定限界以下。亜硝酸レベルが下がった。今度こそ完成か?13日に一度下がって上がってきたのは、エサの量を増やしたのが原因かも知れない。

 水草はどれもとても美しく育っている。イースト菌によるCO2添加はボンベほど強力ではないが、それなりに機能している。

 

1999/9/18
 PH6.7、亜硝酸=測定限界以下。亜硝酸が2日連続で下がっていれば濾過は完成したと言って良い。ここでいきなり大量の魚を追加すると濾過能力が追いつかなくなって破綻する可能性があるので注意。

rozai2 左は濾材の様子。セットアップ時の写真と見比べて欲しい。だいぶ茶色くなっていることが解る。これが水槽の命、バクテリアだ。
 最初に入れたパイロットフィッシュ10匹は全部生きている。ブラックネオンが1匹、体に白いカビがついた他は異常なく元気だ。

 

 

まとめ

•60cm水槽にパイロットフィッシュ10匹の条件において約3週間で濾過が完成した。上面式濾過装置では酸素の供給が多いので濾過の立ち上がりが早い。密閉式の外部濾過器だともう少し時間がかかるかもしれない。
•濾過の立ち上がり初期に見られるというアンモニアのはほとんど検出されなかった。亜硝酸濃度も低いレベルで推移して濾過の完成に至った。
•濾過の立ち上がりを確認するための試薬は、亜硝酸だけあれば十分と見られる。
•塩酸でカルシウム抜きした大磯砂は水質に影響を与えない良質な砂といえる。PH、KH、GH ともに、砂が原因と見られる上昇は見られなかった。

 ご注意:上記は当方の水槽において1度だけ確認されたもので、他所で同じ結果が再現できるとは限りません。

 

<参考購入先>
水槽セット ヒータ、サーモをセットした商品がお買い得。フィルタが壁掛け式の場合は上面式か外部フィルタを別途お求めください
エーハイム クラシックフィルター 外部フィルタの定番。コンテナが無い分沢山の濾材が入ります
上面式濾過装置 コストパフォーマンスに優れたフィルタです
亜硝酸試薬一覧 濾過の立ち上がりの確認に必要。これ一つで十分です