CPCペイントシーラントを頼んでみた~5年保障は本物か

 2000年頃ディーラーで貰ったチラシ。当時はほとんどのディーラで扱っていた。コートの皮膜はテフロンが主体で、5年保証するという。

1年ごとに点検を行い、状態が悪い場合は無料で再施工するという。新車コートでこれほど長期の保障が付いた商品が他に見当たらなかったこともあり、R34スカイライン購入を機に施工してみた。

 

 

 チラシの裏面。スカイラインクラスで55,000円+2,450円。テフロンが本物なら、とても良い商品かもしれない。

 

 このコートをすると専用のメンテナンスキットをくれる。中身は、クリーナふき取り用の専用布、スポンジ、水ふき取り用合成皮、メンテナンスクリーナなどであり、それらが専用のプラスチックケースに入っている。

 

 

 メンテナンスクリーナの成分は珪藻土と有機溶剤。ワックスのように見えるが微粒子のコンパウンド。試しにCDに塗布してこすってみたが、キズが付く様子はない。粒子が非常に細かいようだ。 これは、皮膜が落ち着く前にボディ表面にこびりついた微粒子を落とすのが目的という。
 納車後はこのメンテナンスクリーナで定期メンテすることになっている。

 

 納車後、よく見ると白いワックスの拭き残しのようなものがみられた。表面を触ってみると、シリコン系ワックスでも塗ったようなスベスベ感があり、水をはじく。だが、皮膜のようなものは見えない。普通にワックスをした後と見分けがつかない。

 今後、経過をみていきたい。

 

<関連商品>
コーティング商品

<続きの記事>
クルマの究極ボディケア~ペイントシーラントとTOTOハイドロテクトの教訓