水面に漂う油膜の正体

 水槽の水面に発生する油膜(のように見えるもの)のは、細胞内に気泡をもった微細な藍藻類であることが多いようだ。

 この種の藍藻類は、水温、光、栄養などの条件さえ整えばどこでも発生する。光と栄養塩類は濃いほど増殖しやすく、水温は、25~35℃が最もよく増えるという。

 多くの藍藻類は、細胞の外側に粘質を持ち、お互いがくっついて群体を形成する。これは、水面に浮かぶ薄い膜状の物質として観察される。この粘質によって、洗剤を入れたような泡を生じることもあるようだ。
 藍藻類の発生初期は群体の規模が小さく、小さな個体も多数存在する。これらに光が当たると虹色に光って、油膜そっくりに見えることがある。ある程度増殖して膜を形成した状態で壊すと、流氷のような角のある固まりに分解する。

 水面に発生する藍藻類の多くは、細胞内にガス胞を持ち、沈みにくい。また、何らかの臭気を出すため、水槽から異臭を感じることがある。
 通常、これらの藻類は動物プランクトンによって補食される。水槽立ち上げ初期では捕食者が少ないため、しばしば大量発生してしまうようだ。

 

 この藍藻の膜は光を吸収&反射するので、まめに取り除いた方がよい。また、栄養塩類を多く取り込んでいるため、これを取り除くことは、水槽内の栄養塩類を外に取り出すことにもなっている。

 照明を多く使う水草水槽では、多かれ少なかれ、この種の藻類の膜が発生することが避けられない。膜の形成を防ぐには、エアレーションして水面を波立てたり、ろ過装置の排水を利用して流れを作るのが効果的だ。その他、水面の藻類を捕食する魚を入れると効果があるようだ。グラミーのいる水槽では、グラミーが水面の藻類を捕食するためか、この藻類の膜が出来にくいようである。

 このような対策をしても、なお膜の発生が多い場合は、水槽システムや管理に問題がある。照明の点灯時間や、水が富栄養化する原因についてチェックしてほしい(後述のリンク参照)。

 

<参考購入先>
サーフェーススキマー 水面の油膜を回収するユニークな商品です

<関連記事>
水槽の苔対策