レッドビーシュリンプの飼い方

syurinp2 syurinp1

 

難度:中、適合水槽:45cm~、飼育個体数:5~

 レッドビーシュリンプはビーシュリンプの突然変異で体色が赤くなったもの。元々は愛知県のシュリンプ栽培センターで作出固定されたもので、2000年頃はクリスタルレッドシュリンプ(CRS)と称して1匹千円前後で売られていた。「クリスタルレッドシュリンプ」はシュリンプ栽培センターの商標であるため、一般には「レッドビーシュリンプ」という名前で流通している。

 写真はすべて2000年に撮影したもので、シュリンプ栽培センターから出荷されたクリスタルレッドシュリンプ。

 

cr1 この種のエビは淡水で簡単に増えるため、誰でも小数の個体を元手に沢山の子孫を得ることが出来る。クリスタルレッドシュリンプが登場したのは2000年頃だが、その後多くのブリーダによって品種改良が行われ、現代ではさまざまな品種が産まれている。

 

 

繁殖方法(2006/10/26改訂)

 本格的に繁殖を手がける場合はレッドビーシュリンプと普通の黒ビーシュリンプの2本の水槽を用意し、戻し交配を管理できる環境を整える。

 

準備

 60cm以上の水槽を用意し、標準的な方法で水草水槽を立ち上げたのち、種エビを投入する。既に魚を飼育している水槽をそのまま流用できればベスト。底床や水、濾過装置が十分にこなれている方が失敗が少ない。

 水槽内には、シュリンプハウス(穴の沢山空いた流木、リング状濾材)とウイローモスの森を設置し、稚エビの隠れ場所を作る。これは稚エビの生存率をアップさせる効果がある。

 

種エビの選び方

 種エビの数は、5匹以上でスタートする。これより少ないと失敗しやすい。種エビは、同じショップで揃えるよりは、複数のショップから模様の違うものを入手したほうがいい。同じショップで揃えると近親相姦の問題(後述)が起きやすい。

 種エビを選ぶとき雄雌を意識する。メスは袴の垂れ下がりが長く、上から見ても太くて、タマゴを抱えやすいよう、コンテナのような形になっているのが特徴。オスは尻尾が細く、スマートに見えるのが特徴。5匹購入すれば、選ばなくても雌雄が揃う確率が高い。抱卵しているものを1匹でも入手できれば、ベスト。

 

給餌

 タブレット(プレコなど)、無農薬ほうれん草、冷凍アカムシをローテーションして与える。ほうれん草はあらかじめ柔らかく煮ておいて、水気を良く吸い取り、厚手のビニールなどに巻いて冷凍保存しておくといい。無農薬品は入手が難しいのと価格が高いので、自家栽培するとよい。

 

<参考購入先>
無農薬ほうれん草 通販でも入手できます
冷凍アカムシ

 

スポンサーリンク

管理

 夏場は水温の上昇に注意し、27℃をこえる状態が長時間続かないよう注意する。稚エビが生まれたら、水換えを少なくして水質の変動をできるだけ防ぐようにする。ウイローモスは稚エビの生存率向上に有効だ。

 

近親相姦の問題

 順調に増えた後、次に問題になるのが近親相姦による種の弱体化。スタートの個体数が少ない場合はすぐ近親相姦になる。その結果、劣性遺伝が顕在化し驚くほど優秀な色合いの子孫が生まれることもあるが、それらは大抵虚弱だったり、短命だったりする。
 このことを知らないと、世代交代を長期間続けることが出来ない。よくあるのが、グレードの高い少数の個体を元手にスタートして、同じ模様の子孫を大量に得るが、次の代で破綻するパターン。

 近親相姦を防ぐには、同じ模様を持つ個体を同時に同居させないことが重要になる。これを防ぐために、異なる模様の個体を導入したり、ブラックビーシュリンプ(黒ビー)を使って戻し交配する。

 

<参考購入先>
レッドビーシュリンプ
ブラックビーシュリンプ 戻し交配に好適です
シュリンプハウス
ウイローモス 稚エビの生存率向上に有効です

 


トラブルと対処

•水槽壁面に沿って上下を繰り返している
 水が合わない、あるいは水質が悪化している。とりあえず水換えをして、濾過システムや環境を見直す。

•落ち着かずにせわしく泳ぎ回っている
 エサが豊富にあるにも関わらず落ち着かない場合は、水中の酸素が欠乏している、水質が悪化している、オスのフェロモンが充満して興奮状態にあるかのいずれか。外部フィルタを使っているシステムではエビが増えてくると酸欠になることがある。この場合は、排水パイプを工夫してエアレーションを行う。

•メスがなかなか抱卵しない
 給餌を手抜きするなどして栄養が足りない可能性がある。抱卵させるには栄養を付けることが重要。タブレット、無農薬ほうれん草、冷凍アカムシなどをバランスよく与える。

•稚エビを確認しても、しばらくするといなくなってしまう
 濾過がうまく機能していない、あるいは、水換えのしすぎ(水質の急変)が原因。稚エビは非常にデリケートなので、稚エビが生まれたら、換水を控えて可能な限り一定の水質を維持するよう心がける。

•ほうれん草を与えたら全滅してしまった
 低農薬などの農薬が少し残留したものを与えてしまった可能性がある。人間には問題なくても、体の小さなエビにとっては致死量になる。

•ガラスの壁面(空気中)にくっついて干からびていた。水槽から飛び出してしまった
 ストレスが原因。魚と混在して飼育していると起こりやすい。

•脱皮した抜け殻を大量に確認した
 急激な水質の変動(大量換水、換水時の塩素中和不足、不測の水質悪化などが原因。無理な脱皮は、手足の欠損の原因となるほか、弱って死んでしまうこともある。

 

<参考購入先>
レッドビーシュリンプ
ブラックビーシュリンプ
無農薬ほうれん草 通販でも入手できます
冷凍アカムシ
シュリンプハウス
ウイローモス 稚エビの生存率の向上に有効です