スポーツカーにはハイグリップタイヤが適当か

  スポーツタイヤでは高いグリップ性能を特徴に掲げる商品が多い。グリップが高いタイヤほど、高性能でいいタイヤということになっている。
 スポーツタイプのクルマに乗っている人はの多くは、このようなグリップの高いタイヤを好んで選ぶ。「グリップの高いタイヤを履かないと自分のクルマの性能が十分発揮されない」そう思ってしまうようだ。

 ちょっと待って欲しい。レースに出るならともかく、一般公道しか走らないユーザーにとって、このようなハイグリップタイヤは本当に必要だろうか。

 

スポーツタイヤのメリット、デメリット

スポーツタイヤ(ハイグリップタイヤ)のメリットとデメリットをまとめると次のようになる。

メリット

  • コーナリング限界が高い
  • 制動距離が短い
  • スタート瞬間の加速がいい
  • 操舵に対する応答性がいい

デメリット

  • 値段が高い
  • 減りが早い
  • ロードノイズが大きい
  • 加速が悪い
  • 燃費が悪い
  • ボディや足回りに負担がかかる

 

 ワイドなスポーツタイヤは、見た目は格好いいが、転がり抵抗が大きい。転がり抵抗にパワーを喰われて加速や燃費が悪くなる。自転車でもタイヤの空気が減るとペダルが重くなり、加速するために余分な力が要るようになる。これと同じこと。

 ボディや足回りに負担がかかる、というデメリットは、グリップが大きい分、足回りやボディにかかる力が増すことを示す。クルマのパワーが大きいほど、扁平率が高いほど、タイヤの幅が広いほど、クルマに負担がかかり、ボディがはやく「ヤレ」る

 グリップが高い分、無理な急加速、急ブレーキが出来る。レースを真似てそのような運転を繰り返すと、足回りやボディのヤレが早まる。

 以上から、グリップが多くのデメリットに繋ることがわかる。タイヤを選ぶ際は、クルマの使い方に合ったものを選ぶのが正解だ。

 

ケース別タイヤの選び方

 クルマに付いて来る新車タイヤによって次のようなケースがある。タイヤを履きかえる際は、どのケースに該当するか把握して参考にして欲しい。

a.パワーに対して足回りが勝っているケース
 ほとんどの市販車がこれに該当する。スポーツカーではパワーに応じたタイヤが設定されていて、少々元気に走っても簡単にグリップが失われない。
 この場合、あえてよりグリップの低いタイヤを履くという選択がある。「グリップを落とすと安全性が低下するのではないか?」その心配はない。限界が下がった分、スピードを控えて安全運転すればいい。それにアクセル操作で意図的に空転を演出できるので走っていて楽しい。
b.パワーに対して足回りが負けているケース
 1800ccを超えるロードスターなど、足回りがパワーに負けているクルマがある。こういうクルマは運転中、意図せず空転が起こり、後輪のグリップが失われて怖い思いをすることがある。
 この場合、よりハイグリップなタイヤに履き替えたり、タイヤ幅を広くすることが有効だ。
c.パワーに対して足回りが勝ちすぎているケース
 200馬力前後しかないのに17インチの扁平タイヤを履いているアルテッツア、スカイライン25GT-Vが該当する。このようなクルマにハイグリップタイヤは明らかに無駄であり、タイヤ交換の際、ごく普通のエコタイヤが候補になる。インチダウンや扁平率ダウンすれば、より価格の安いタイヤをセレクトできる。

 

最後に

 サーキットでタイムを競う場合、ハイグリップタイヤを選ぶ意味は十分ある。しかし市街地に住んでいて、たまに旅行などで高速道路を走るだけの人にとって、ハイグリップタイヤを選ぶメリットはほとんどない。
 制動距離の短さを取り上げてハイグリップタイヤを選ぶのも間違いだ。制動距離を短くするためには、スピードを出さないことが一番の解決策である。
 郊外に住んでいて、走り好きで峠を攻める人にとっても、ハイグリップタイヤは必要ない。グリップの限界が増せば、それだけコーナリングスピード増して危険になる。公道では制限速度を守って走るのが普通。コーナリングスピードを上げる必要性自体、無いことだ。

 

<関連商品>
タイヤ・ホイール
人気のカー用品
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です

<関連記事>
タイヤの関連記事