PCケースは集塵機か

 通常、PCケース背面には排気ファンが設けられており、電源ファン共々空気を吸い出す形になっている。この構成ではケースの内部が負圧になるため、あらゆる隙間から空気がを吸む。

hokori2 左の写真はPCケース本体に取り付けたPCMCIAカードスロットの内部。負圧換気するPCケースの本体にカードスロットを付けると、このように内部がホコリだらけになる。

 コネクタ部分にホコリが詰まると接触不良の原因になり、始末が悪い。CDドライブも同じで、メカの故障の原因になりやすい。

 

 hokori1 写真は負圧ケースのフロントパネルを外したところ。自然吸気でファンは併設されていない。奥に見えるのは縦置きにされたHDDドライブ。

 

 

フロントファンで負圧を解消できるか

 フロントファンを設けると負圧が解消されてこの問題は軽減する。しかし、埃を捕集するためのダストフィルタが併設されることが多い。

 フロントファンにダストフィルタをつけて運転すると、フィルタが埃で目詰まりして吸気量が落ちてしまう。すると再びケース内部が負圧になって隙間から空気が浸入するようになる。

 

ダストフィルタは、目が荒いものを厚く使う

 目の細かい薄手のフィルタはすぐに目詰まりしてしまう。目の荒いファイルタを使い、補修効率を「厚さ」で稼ぐ形にすればメンテナンスの頻度を大幅に減らすことが出来る[1]

 しかし残念ながら、そのようなダストフィルタが付くPCケースは見当たらない。

 

空気清浄機を設置する 

 空気清浄機を用意してケースのフィルタを撤廃する。フィルタがない方が冷却にも有利になる。

 空気清浄機を選ぶ際は、プレフィルタがついているものを選びたい。これがないと、メインフィルタに大小すべての塵が蓄積されて寿命が短くなる(安い空気清浄機がたいていこの構造になっている)。

 空気清浄機は捕集能力より部屋の空気をよどみなく回せる能力の方が重要だ。いくら捕集能力が高くても、空気が循環しないのでは結局集塵できない。

 

<関連商品>
ケースのダストフィルター 目が荒く厚手ものもがいいのですが

<関連記事>
1.24時間換気のエアフィルタをノーメンテナンスにする
あなたの知らないPCケースの選び方