レガシィの乗り味~なぜアルテッツアとこうも違うのか

 アルテッツアはレガシィと競合になる。アルテッツアを本命に考えていた人が、レガシィに試乗したところ、即決でレガシィに決まったという話を聞く。私も両方に試乗したことがあるが、両者の乗り味はそれほど違う。レガシィの方がシッカリしていて剛性感がある。走りの質感が高い。レガシィは見えない部分に付加価値を持つ商品だ。

 

 このような乗り味を獲得している源、秘密は何だろう? それはおそらく、ボディ剛性にあると思う。富士重工は宣伝していないが、おそらくレガシィは、ボディが相当、シッカリ作られているに違いない。

 ボディ剛性を高めてそれを宣伝文句にしたクルマがある。R34スカイラインだ(写真はGOLD MOOK No.122 1998年7月 裏表紙)

 数値上、いくらボディ剛性を高めても体感できなければ商品価値に結びつかない。スカイラインはこの見えない商品価値を、分かりやすい形で消費者に示すことが出来なかったように思う。

 

 

 他社はレガシィのヒットを横目に、レガシィのコピー商品を多く出してきた。しかし、レガシィを超えるクルマは無いというのが大筋の見方だ。
 他社がレガシィを超えられないのは「水平対向エンジン+4WDという、独自レイアウトのおかげ」という評論家もいる。「ビルシュタインサスのおかげ」という人もいる。
 では、アルテッツアに水平対向+4WDを載せてビルシュタインを付けたら、レガシィと同じになれるだろうか? それはムリだと思う。この乗り味は、ベースの部分、すなわちボディがシッカリと作られているから、これら要素の持ち味が発揮できているのではないかと思う。

 日本のメーカは、こういう見えないところにお金をかけない。レガシィを他社がいくらマネしても、乗ってみると一発で違いがわかる。どうしてもレガシィに勝てない理由の一つが、ここにあると私は確信している。

 

<関連商品>
レガシィの人気アクセサリ
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤