dBは不夜城のコピー!?~先に出して結果を出した人が勝ちですよ?

 トヨタdBは、ホンダがモーターショウで公開した不夜城のコンセプトをサルマネしたもの、と批判する評論家がいる。ホンダが不夜城をどういうつもりで出したのか、知る由もないが、コンセプトカーというのは市販されるとは限らない。

 

出典:HONDA 第33回東京モーターショー 展示概要資料

  コンセプトカーを実際に市販する場合はリスクを伴う。不夜城(写真)のコンセプトはかなり個性的だから、市販するとしても、リスクはかなり大きいに違いない。

 

 一方、dBはヴィッツをベースにお手軽に作られたクルマだ。それでもトヨタはリスクを負って市場に出し、見事に成功した。未だにホンダから同様のクルマが出てこないことを考えると、リサーチだけで市場に出すつもりはなかったのではないだろうか。

 もしホンダが不夜城を先に市販していて、後からトヨタがdBを出したら、トヨタはサルマネの批判を免れない。しかし、今回の場合は、アイデアを頂戴したといっても、トヨタが自分でリスクを負ったのだから、批判される理由はないはずだ。

 一般に、新しいものが世に出て成功すると、それを妬んで非難する人が現れる。その人たちは、ヒットすることがわかっていたのなら、なぜ行動を起こさなかったのだろう。それは、リスクを犯す勇気がなかったためだと、私は思う。世の中にない新しいアイデアは、先に市販したもの、つまり、最初にリスクを負ったものが評価されるべきだと、私は思う。

ちなみに、トヨタdBは、個人のライフスタイルを表現できる、数少ない個性的なクルマと考える。

 

<関連商品>
人気のカー用品
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です

<関連記事>
トヨタdB オーナーのライフスタイルを表現できる、数少ない個性的なクルマです