長く使える時計は、いくらくらいが妥当か

 入学や就職、結婚などの節目に、モノが良くて、長く使える時計を求める機会がある。時計には、ブランド、デザイン、作りなど様々な魅力があるが、それらはひとまず横に置いて、「長く使える」ことだけに注目し、これに対して支出するコストはいくらくらいが適当か、考察する。

 

高い時計を買っておけば安心か

「安い時計を使い捨てしていくのは勿体ない、高い時計を買っておけば、長く使えて結果的に得だ」
「高い時計は作りがいいだろうから、安い時計よりもずっと丈夫で長持ちするだろう」

などの考えを持つ人は多い。

 長く使える時計を国産で求めると、セイコーのグランドセイコー、シチズンのTHE CITIZENが候補に挙がる。セイコーのグランドセイコーは修理対応30年、シチズンのTHE C は生涯修理対応できることを謳い文句にしている。これらの時計は10万円を超えるので、若いうちは簡単に買えないだろう。そこでたとえば30歳の時に買ったとすると、残りの人生を、50年程度と見積もることが出来る。これに対し、THE Cは生涯使えるが、グランドセイコーは、年数が足りないことに気が付く。

 クオーツ時計でも、動く機械部品がある以上、必ず劣化するし、防水に使われているパッキンも劣化してくる。時計としての性能を維持するためには、定期的に点検整備が必要であり、そこにお金がかかる。

 

THE CITIZENのランニングコスト

 たとえば、THE CITIZEN (以後THE C)の値段は、定価ベースで15万円である。しかし、10年間の無保証期間を越えたあとの修理、点検は自己負担となるし、電池交換も必要になる。THE Cは3~4年ごとの点検を奨励しており、生涯の点検回数は、(50年-10年)/4年=10回 と計算できる。そこで、点検、修理、電池交換等の費用を平均1万円とすると、10回×1万円=10万円の維持費が購入後に必要になり、購入価格と足した総費用は、15万円+10万円=25万円年間平均コストは、25万円/50年=5千円だ。

 

安いクオーツ時計のランニングコスト

 次に、安いクオーツ時計を電池交換もせず使い捨てにした場合を考えてみよう。
 たとえば2万円クラスのクオーツ時計の寿命は、最短で4年程度と考えられる。これを同じように計算すると、

 生涯の買換回数:50年/4年=12.5回
 生涯の総費用:2万円×12.5回=25万円
 年間平均コスト:25万円/50年=5千円

となる。なんだ、THE Cと同じじゃないかと思うかもしれないが、THE Cの維持費用として40年で10万円の見積もりは安すぎる、クオーツ時計はもっと持ちがいいと思う人もいるだろう。そうなると安いクオーツ時計を使い捨てで使い続けた方がトクになる。

 点検修理に出すと1~2週間は帰ってこないが、ショップにいけばつねに最新のものを新品で入手できる。一つのものを使い続けるよりは、そっちのほうがよいと考える人もいるかもしれない。

 

長く使う時計の上限価格はいくらくらいか

 以上の結果からすると、「長く使える」ことに対する支出は、15万円(あるいは年間5千円)が上限という目安が得られる。THE Cの価格設定は、その上限に位置しておりなかなかうまい。一つの時計を大切に長く使っていきたい人にとって、価格的にも納得いくものになっている。ただし、15万円という単価は生涯修理対応可能という条件付きである。グランドセイコーのように生涯修理できない物は、年間コストの5千円を基準にする。

 

グランドセイコーのランニングコスト

 生涯使えないグランドセイコーの場合のコストを計算してみよう。グランドセイコーの30年修理対応モデルは、最も安いもので50万円。これだとお話にならないので、グランドセイコーの中で最も安い15万円のモデルを考えてみよう。部品保有期間が30年、THE Cと同様、4年ごとの点検を想定し、有償修理期間外の使用年数を10年と仮定すると、

 総使用年数:30年+10年=40年
 点検回数:40年/4年=10回
 総維持費用:1万円×10回=10万円
 総費用:15万円+10万円=25万円
 年間平均コスト:25万円/40年=6,250円

となる。グランドセイコーの場合はいくらモノが良くても、長く使うことを第一に考えてしまうと、2万円の安いクオーツ時計を使い捨てていったほうがお得ということになる。この計算は15万円のモデルでも30年修理対応できるという前提があり、もし7年しか部品を保管してないということになると、きわめて高価な買い物になってしまう。このようにグランドセイコーの価値を下げている原因は、修理対応期間が販売価格の割に短いところにある。

 

普通の時計の上限価格はいくらくらいか

 では、部品の保管期間7年の一般的な時計を、修理不能になるまでメンテナンスしながら使い続けていくとした場合、いくらくらいまでの支出が適当だろうか。この場合の総使用年数を16年と仮定すると、

 点検回数:16年/4年=4回
 総維持費用:0.8万円×4回=3.2万円
 年間平均コストの上限を5千円として本体価格を逆算すると、
 本体価格:16年×5千円-3.2万円=4.8万円

という結果になる。誤差を考慮して総使用年数を10年として同じように計算すると、3万円の結果を得る。つまり、7年しか部品保管しない普通の時計の場合は、3~5万円が支出価格の上限という目安が得られる。

 

きわめて高価な時計について

 何十万円もするグランドセイコーや舶来時計場合は、年間平均コストが5千円をはるかに越えるものがある。これは、ブランド、デザイン、作りなどに対して、支出していると考えることが出来る。同じ宝飾品でも宝石などは普遍的な価値が存在し、それはモノ自体が丈夫で、壊れたり劣化しないところから来ている。時計の場合は、どんなに高価な物でも故障して修理できなくなれば、それまでであり、高価な時計ほど、長く使えるというのは重要な要素であることがわかる。

 しかし残念ながら、永久的に部品交換の対応をうたうメーカはごく少数であり、多くの高級時計が使い捨てになっていて、普遍的な価値を求めることが出来ない。何十万円もする時計が使い捨てのオモチャでしかないのでは、かなり高い買い物と言わざるを得ない。

 

結論

 いろんな例を挙げたが、私の考えで行くと3~5万円クラスの時計を1本買って修理不能になるまで使い続けるのがもっともいいように思う。2万円の時計では安っぽいが、4万円も出せば結構高級に見えて、作りのいいモデルが手に入る。一つの時計を生涯使いたい向きにはシチズンのTHE C(ザ・シチズン)がいいだろう。グランドセイコーは経済的にかなり余裕のある人が選択する時計である。

 

<参考購入先>
実売3~5万円の国産時計
ザ・シチズン
グランドセイコー
時計工具セット 一つあると調整に便利です
豊岡クラフトのウオッチスタンド 美しいデザインが魅力のスタンド

<関連記事>
時計