【書評】オーディオマニアが頼りにする本

 「オーディオマニアが頼りにする本」をご存じだろうか。マニアが突かれたくないところをグスグス突かれる。中傷非難が散見され、著者は良識に欠けるように見えるが、工学的知識がある人にとって、結構納得できる内容になっている。逆に、雑誌の情報を頼りにしてきたマニアには理解できず、ただ腹が立つだけかもしれない。

 

 多くのマニアは、工学的知識に乏しく、オーディオ雑誌が有力な情報源となっている。そこで、その雑誌の記事を長年読んでいるうちに、雑誌の評論や、雑誌に描かれているオーディオの世界に染まってしまい、それが正しいと信じ込んでしまう。まるで宗教。

 オーディオ評論家や、雑誌のライターもまた、工学的知識に乏しい素人がほとんど。メーカーは自社商品を雑誌で取り上げてもらって記事を書いてもらい、売り上げに結び付けたい。

 必然的に、メーカーは評論家に迎合した商品を作る。これが健全な市場を阻害する要因になっているようだ。

 

 

 評論家は一般に、高価な製品、高価な材料ほど、その実体とは無関係に良い評価を与える。お金がかかっているほど、良いもの「だろう」という、主観が働く。そのような記事をマニアが見て、数百万円もする海外製のコンポーネントにあこがれを抱き、ガラクタ同然のケーブルやインシュレータに大枚はたいてしまう。

 「オーディオマニアが頼りにする本」は、そんな理屈のわからぬ評論家、その素人意見を鵜呑みにするマニア、それに迎合した商品をつくるメーカを、痛烈に非難している。

 

<参考購入先>
オーディオマニアが頼りにする本

クリスキットは自分が気に入らない人には売らなかったという著者のオリジナル商品。今ではプレミアムがついています。
ヤフオク!