オーディオの目標「忠実再生」とはなにか

 オーディオ機器の目標は「忠実再生」といわれる。何に対して忠実かというと、「録音」。つまり、よい再生機とは、録音されている信号を忠実に音波に変換する装置であり、それが達成されると、音楽制作者の意図を聞き手に間違いなく伝達できるという。

 

原音再生とは何か

 「原音再生」という言葉がある。「原音」とは、生演奏の音ではなく、CDやレコードなどに記録されたデーターのことを言う。
 忠実再生と意味はほとんど同じ。記録データーを100%忠実に再生できれば、音楽制作者の意図を聞き手に間違いなく伝達したいという目的が達成できる。

 

 

生音再生について

 生音再生とは、生演奏の音を再生すること。世間では原音再生と生音再生の解釈がごちゃ混ぜになっている。紛らわしいので、ここでは「生音再生」で統一する。

 忠実再生の目標からすると、スピーカから出てくる音が録音通りになっていることが重要であって、生音と一致する必要はない。オーディオ機器はメディアに記録された信号だけを扱い、メディアに記録される以前のことは感知しないのが普通だ。

 

 

生音再生は可能か

 コンサートホールの演奏を2chステレオで録音した時点で「別物」。生音を再現するためには、この2chステレオ方式から変えないといけない。生音再生は、録音・再生に課題が多く現在でも困難だが、これをオーディオの目標に置いている人はいるだろうか。

 2chステレオ方式は所詮、疑似再生にすぎない。だが理屈のわからないマニアや評論家の一部は、周波数振幅特性と位相特性を完全フラットにできれば、これができると信じる人もいるらしい

 生音再生ができると信じて、それを目標にしている人がいたら、即座にやめるべきだ。解がないものを追求するのは無駄である。

※:今はDSPと高次元のディジタルフィルタを使うことで、実際にこれができる。

 

 

自分の目標を持つことが大事

 オーディオ機器の目標は忠実再生だが、エンドユーザーがおれに合わせる必要はない。CDの録音を忠実に再現しても、それが音楽が楽しめむためにベストな手段とは限らないからだ。

 エンドユーザーが音楽を楽しむときは、再生音を自分が気に入るように加工するのが普通だ。その最も身近な例は、「トーンコントロール」である。

 「オーディオ」という趣味は、エンドユーザーが「自分の音を造る」こと。問題はその目標をどこに置くか。それが重要になる。もちろん、忠実再生を目標においてもよい。

 

 但し目標によっては、お金がかかる場合がある。目標が明確でない場合は、評論家や他人の言いなりになる。何に買い換えても満足しない。ひたすらお金をつぎ込む結果になりやすいので注意したい。

 

<関連商品>
忠実再生すると称する機器
原音再生すると称する機器

<関連記事>
オーディオマニアはこうして生み出される