たった1つのスペックでオーディオ機器のクオリティを見抜く方法

 数百万円のアンプや数万円のケーブルが市販されている。これらの商品に価格相応の価値があるのだろうか。これまでそれを知る手段がなく、雑誌のレビュー(評論家の主観)を参考にするしかなかった。
 音のクオリティを定量的に調べることができれば、商品の価値を判断するうえで参考になる。以下にその方法をご紹介する。

 

出力インピーダンスを知る

 「出力インピーダンス」は音のクオリティを決定づけるパラメータの一つ[1]。これを知ることができれば、かなり参考になる。ところが、出力インピーダンスをカタログに明記しているメーカは少ない。不明な場合は調べるしかない。幸い、出力インピーダンスは分解して部品を調べなくても外から測定することができる。

kairo2

上の図は、ON/OFF法による出力インピーダンス測定回路。中央の縦線から左が測定対象(CDプレーヤ、プリアンプなど)。Rxが未知の出力インピーダンスである。Rxを測定する回路は、抵抗RDと、スイッチ、交流電圧計によって構成される。RDは、200~1KΩが適当だ。測定方法は次の通り。

 まず、1KHzの正弦波が記録されてるオーディオチェック用CDなどを再生して、スイッチを開いたときの電圧計の読み、これをVoutとする。
 次にスイッチを閉じて同じように電圧計を読み、これをVとする。

 未知の出力インピーダンスRxは、図の下に書いた式で求めることができる。右辺を事前に計算してグラフにしておけばV/Voutの比率から直ちにRxを求められる。右はそのRD=200Ωの場合のグラフ。
(測定は自己責任でお願いします)

※RDは小さいほど、測定条件としては厳しいが、あまり小さすぎると出力バッファアンプを過電流で壊してしまう可能性がある。

 

 ON/OFF法で測定した出力インピーダンスの一覧表を次に示す。

表1.オーディオ機器の出力インピーダンス
(1KHz Sin,RD=330ohm (2002/5/12)

機器名 メーカ Rx(Ω) 価格 備考
PD-N901 パイオニア 931 アンプとコミで5万くらい ミニコンポ CDチューナ
DCD1650G デンオン 101 99,000
JA3ES SONY 902 108,000 MDレコーダ
A-10 TYPEIV NEC 600 125,000 プリアンプ出力、カタログデータ
CD-23 マランツ 101 200,000 公称150ohm
D-500 ラックスマン 203 250,000
C-275 アキュフェーズ 47 480,000 公称50ohm
DP-75 アキュフェーズ 48 580,000 公称50ohm

 

  出力インピーダンスRxは低いほど、高いクオリティが期待できる。Rxは機器の価格に反比例する傾向が読み取れる。DCD1650Gなど一部の機器は、値段の割にRxが低い。

 

 

ケーブルの特性を測定する

 ケーブルの特性を測定するため、次の回路を考案した。

kairo3

 これは機器の出力インピーダンスの代わりにRを入れたもの。Rを十分大きくとることで、ケーブルのシールド性能や、静電容量による周波数特性の変化を観測しやすい形に拡大できる。

 Rの大きさは、数十~数百KΩ。これだけ大きければ、今まで見えなかったケーブルの性能が定量的に見えてくるはず。この方法はまだ未検証なので、機会があれば検証してみたい。

 

<関連商品>
金属皮膜抵抗 測定に適した抵抗です。W数の大きいものを選んでください
オーディオチェックCD デジタル波形をそのまま記録したDENON製がお勧め
テスター 1台あると便利です
スピーカーケーブル
オーディオケーブル

<関連記事>
1.なぜオーディオ機器は組合わせで音が変わるのか