コンタクトオイルのテスト1~SETTEN No.1は本当にNo.1か

 電気接点の接触を改善すると称するコンタクトオイルが市販されている。いくつかの商品が手元に揃ったので、性能テストをしてみた。

setten1左から、CRC、サンハヤトの接点復活王、エレクトロルーブ PLUS 2AX、SETTEN No.1、HBの鉛筆。
 このほかに、モリコート HP-500(フッ素グリース)も用意した。

 

 CRCはどこのホームセンターでも売っている安価な防錆潤滑オイル。

 接点復活王は最近登場した高性能コンタクトオイルで、ほぼ100%のポリαオレフィンから成る。

 エレクトロルーブは過去定評のあったコンタクトオイルで、現在は手に入らない。

 SETTEN No.1はスクワランオイルに炭素の粉末を混ぜた某研究所(現在は㈱クリプトン)の有名な商品。

 HBの鉛筆は某サイトで「コンタクトZ」と称して紹介されているもの。

 HP-500はパーフロロポリエーテル(フッ素オイル)をベースにフッ素樹脂で増稠した高級グリース。

 

 実験に使う試料の形状は、平面と球面、突面(あるコネクタのオス端子先端)の3種類を用意した。これらはいずれもニッケルメッキされたもの。実験は平面に対して球面、あるいは突面を当てるようにした。面圧は、手動で軽く当てる程度とし、出来る限り力を均等にしている。

 接触抵抗の測定は、1ミリオームまで計れるデジタルテスターを用いた。コンタクトオイルの塗布はできる限り実態に近い形とした。

 測定結果は以下の通り。細い線はバラ付きの範囲を示し、黒点は中央値を表している。

setten2

 この結果から次のことがわかった。

 

オイルを塗ると接触抵抗が安定する

  オイルを塗ることで未処理に対し確実に良くなる。これは、潤滑作用と、ごく薄い皮膜の部分で導電が得られるためと考えられる。

 

オイルによる効果の差はない

 CRCもポリαオレフィンもフッ素も、得られる接触抵抗はほとんど同じ。オイルの違いは、長期的な性能に現れてくるものと考える。

 

導電物質は接触抵抗を下げる

 鉛筆の性能がオイルより若干いい。これは黒鉛の粉末に導電性があるためと考えられる。但しオイルではないので、防錆効果はない。
 SETTEN No.1は文字通りNo.1の成績を収めた。

 SETTEN No.1にはおもしろい性質がある。オイルの表面張力につられ、炭素の粉末が接触点に向かって集合するのだ。例えば、SETTEN No.1をポチョンと垂らして、接触子をあてると、あれよあれよというまに接触抵抗が下がって、ほぼゼロになってしまう。

 導電物質の塗布は効果的だがリスクがある。絶縁抵抗や誘電率などのスペックを低下させる恐れがあること、塗布したものの除去が困難になることだ。

 

<関連商品>
Rational003 創造の館が開発した万能オイルです

<関連記事>
コンタクトオイルの関連記事一覧