コンタクトオイルのテスト3~防錆剤配合のフッ素オイルは有効か

 精製された純粋なオイルには防錆効果がない。前回、鉄釘を使って防錆効果を調べたところ、錆止めに有効だったのはCRCだけだった。しかしCRCは蒸発・流失する欠点がある。

 化学的に安定なフッ素オイルで防錆剤が配合されたものはないか。そんな商品を探してみたところ、N社で一つだけ見つかった。今回はこの商品の防錆効果を検証したのでご紹介する。

 

防錆効果

 比較対象は、SETTEN No.1を選んだ。試験方法は、よく磨いた鉄の試験片にオイルを塗り、0.5%の食塩水を滴下。この方法は、簡易ながら防錆効果を素早く評価できる。

 以下はその結果。

ensui1

ensui2

 試験片は左から、未処理、SETTEN No.1、今回入手したフッ素オイル。

 未処理のものは激しい錆びが認められる。SETTEN No.1も少し錆びている。フッ素オイルは全く錆びていない。点のように見える残留物は、食塩の結晶。

 

 皮を剥いた電線の保護効果について調べるため、銅板を使って10日間屋外に置いてみた。

douban

 左から、接点復活王、CRC、スクワラインオイル、今回入手したフッ素オイル。下2/3だけにオイルを塗って未処理部分と比較ができるようにした。

 効果がありそうなのは、CRCとフッ素オイルだけ。他は境界がはっきりせず、未処理部分とあまり変わらない。
 CRCはよく防錆するが、銅を腐食するようだ。この点、鉱油は注意が要る。

 

 最後に、前回同様、生釘に塗って2週間屋外に暴露してみた。

bakuro2 左から、未処理、CRC、今回入手したフッ素オイル。前回は、CRCがベストだったが、フッ素オイルも同じくらいの効果が出ている。

 

 

蒸発減量

 前回のテスト結果に今回入手したフッ素オイルを追加した。100℃の蒸発減量はほぼゼロ。常温では半永久的に無くならないだろう。

 

 

まとめ

 防錆剤が配合されたフッ素オイルで、良好な防錆効果が得られることを確認できた。

(このオイルは入手性がたいへん悪いので、Rational001として小分け販売することにしました。)

 

<参考購入先>
Rational001 現在は時計専用です。改良型のRational001s をご参照ください
Rational003 コストパフォーマンスに優れたコンタクトオイル。現在はこちらをお勧めします

<関連記事>
コンタクトオイル関連記事一覧