試乗記~トヨタ セルシオ(H5年式)

乗車日:2002/8/5、走行10万キロ以上

 このリポートは約3時間程度乗せてもらった印象であり、実際に運転したわけではない。

ボディ・内装
 フロントはベンツ、リアはBMWというトヨタおなじみのパターン。しかしこの種の高級車にふさわしいボディのボリウム感や押し出し感は一応備わっている。
セルシオは塗装がいいはずだが、さすがに9年目になると擦り傷だらけで日焼けもしている。
内装は最高級車にふさわしい内容、作りになっており、細かい部分にまで徹底している。
ドアの閉まり音にはそれなりの重厚感があるが、補強が徹底して入っているせいかドアそのものが非常に重たく、開閉がややしんどい。
フロント、リアシート共に特に広いというわけではなく、トランクルームも程々の容積である。この点で比較してしまうと最近のミニバンのほうがよほど広く、実用的といえる。しかし、高級車というのはもともとそんなものであり、同じお金を出すなら、人がたくさん乗れた方が、荷物がたくさん載せれた方がトクと考えるような価値観の人には理解し難いかもしれない。
エアコンの空調はHI,MID,LOとあるが、MIDの騒音は通常の乗用車のLOと同程度である。
ルームランプは徐々に光量を落としていく仕組みだが、光量の落ち方が階段的で違和感がある。一般車のようにいきなり消灯するような無粋な切り方をしないための配慮かもしれないが、あまり成功しているとは思えない。
走り
 自分で運転したわけではないので残念ながらエンジンやステアリングフィール、ブレーキフィール等はわからない。
高い静粛性を誇るセルシオだが、通常の速度域ではロードノイズが支配しており、あとは加速時とアイドリング時にエンジン音が若干聞こえる程度、風切り音は全く聞こえない。室内は測定上、どのクルマよりも静かなはずだが、ロードノイズが目立っているせいで、聴感上は、それほど静かという印象はない。しかし、衣服の衣擦れ音が結構聞こえることからすると、それなりに静かなことが伺える。
しかしこの静けさも、それに慣れてしまうと意識されなくなってしまい、ビスタ・アルディオあたりを乗っている人なら、自分のクルマと大して変わらないんじゃないかという印象を持つかもしれない。
エンジン音はアイドリング時が最もうるさく、こもり音に近いドロロロという音が室内に入ってくる。この点は、ストレート6のほうが静かに聞こえる。
総合
 高いクオリテイと静粛性を備えるセルシオは、高級車の魅力にあふれている。実際購入を考えるユーザーは、これだけのお金を出して買う車に、ベンツに酷似したフロントマスクが付いていることについてどう感じるだろうか。
このクルマが買えるユーザーは、それなりのお金持ち、地位の持ち主であり、それに見合う価値観も備えていることを期待したいところだ。「高価」な品を身に着けたり、所有しているだけでステイタスだ、または他人からそう見られるだろう、と思う人は多い。そんな人たちは、フロントマスクが何かのコピーであっても、問題にしないに違いない。
 しかし、お金の他にもある程度の価値観を持つ人から見れば、どんなに中身が良かろうが、所詮、ベンツのコピー商品でしかない。そんなクルマは、真っ先に購入の候補から外れるに違いない。どこかの評論家が言うように、セルシオがコピーを捨てない限り、高級車として世界に認められることはないだろう。

<関連商品>
セルシオの人気アクセサリ
人気のカー用品
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です