エレコムのマウスはオモチャ~使えないガラクタマウスはマシになるか

 今まで「ボール」でトラッキングするマウスを使ってきたが、光学式マウスの性能が良くなってきたので、エレコム社の「イメージセンサマウス」を買ってみた。ところが、どうも使用感が良くない。

 

  私はこれまで、「マイクロソフト ホイールマウス」を使ってきた。このマウスの使用感はとてもいい。それは、手にすっぽり収まる一体感、適度な重量感、滑りの良さ、滑らかなスイッチ類の感触、といったことが関係している。

 エレコムのイメージセンサマウスの滑りはかなり悪い。滑りはじめの摩擦が大きいので、動かそうとすると力が要り、動き始めると移動しすぎてしまう。

 マイクロソフト(以後M社マウス)はこの点スムースで違和感がない。M社マウスはソールにテフロン(フッ素樹脂)が貼ってあるが、E社のソールはポリアセタールかナイロン。

 エレコムのイメージセンサマウスには操作感にも問題がある。握るとホイールが指の1cmくらい下にくるから指を折り曲げないといけない。ホイールの操作感も悪く、ビビリ音が出るうえ方向によって強い摩擦を感じる。

mouse1 ホイールの操作感についてはバラしてエンコーダ部分に注油することで改善できる。左の写真は、ホイールのエンコーダ部分にフッ素オイル(Rational001)を注油しているところ。

 

 エレコムの滑りの悪さを改善するため、光学式用のマウスパッドを買ってみた。多少良くなったが、滑りはじめの摩擦は相変わらず。同じマウスパッド上でM社のマウスはとても滑らかだ。

 エレコムのマウスから感じる印象を一言でいえば「オモチャ」。PCの入力インターフェースとして、使える代物ではない。

「今後エレコムのマウスは避ける」これが私の行動指針に加わった。

 

<補足>
 その後のマイクロソフトのマウスは、すべり面の材質がテフロンでなくなっている。値段が安くなったと思ったら、ソールが省略されていた。
 代替品を探したところ、ロジクールのマウスが唯一、ソールにテフロンを貼ってあるようだった。操作感もよく使いやすそう。今後、マイクロソフトのマウスの代替候補にになりそうだ。

 

<関連商品>
ロジクールのマウス 比較的良質な商品を作るメーカーです
マウスソール 摩耗したらこれで復活できます

<関連記事>
失敗しないマウスの選び方
キーボード、マウスの選び方