クライオ処理は機器を痛める

 星の数ほどあるオーディオ機器やアクセサリを低温にさらすだけで、全く新しい付加価値をもった商品に生まれ変わる・・・なかなか、おいしい商売のネタだ。

 

極端な低温は機器にストレスをかける

 電子機器は様々な材質で出来ていて、熱膨張率が違う。特に接着剤(エポキシ樹脂)を極度な低温にさらすと、部品の熱膨張率の違いからストレスがかかり、製品の寿命を縮める可能性が高い。

 オーディオコンポーネントを構成している多くの電子部品は、ハンダ付けされる関係上、短時間の高温に耐えるよう作られている。しかしマイナス100度を超える低温に対しては保証外。

 常温に戻すとき霜が付いたり結露させてしまうと、錆びたり動作不良を起こす可能もある。

 一度クライオ処理したものは元に戻せないという話がある。確かに、一度ストレスをかけて痛めてしまったものを、元に戻すことは不可能だ。

 

ドライアイスを使った、なんちゃってクライオ

 液体窒素を使うとマイナス170℃以下の処理ができるが、取り扱いが大変だ。そこで、ドライアイスを使ってこれをマネした、「なんちゃってクライオ処理」をするショップが出てくるかもしれない。これは、マイナス80度前後の処理になる。

 ドライアイスを使えば、ケーブルからアンプ、スピーカまでなんでもかんでも処理して、音が良くなりましたよ、といって商売ができる。アンプやスピーカを丸ごと低温処理しても機器を痛めるだけ。

 

クライオ処理で音が変わる理由

 説明できる理屈はない。この場合「変わらない」と考えるのが妥当だ。

 理屈はさておき、心理的な効果は期待できる。すなわち、クライオ処理することで精神が安らいだり、音質が向上するように感じるというのであれば、結構なことだ。

 

どーしても体験してみたい人へ

 金属だけなら好きにやっていい。ケーブルなら中の電線だけ。コネクタなら金属部分だけ。常温に戻すとき、結露させないよう注意したい。錆びてしまったら本末転倒。素材の段階で処理した製品を買うのが望ましい。

 

<関連商品>
クライオ処理された商品