クライオ処理は機器を痛める

星の数ほどあるオーディオ機器やアクセサリを低温にさらすだけで、全く新しい付加価値をもった商品に生まれ変わるというのだから、これほどおいしい商売のネタはない。

その物理的効果は別にして、リラクゼーション効果は、確かに認められるようだ。すなわち、クライオ処理することで精神が安らぎ、音質が向上するように感じるのであれば、それは大いに結構なことである。

しかし私は、その弊害が心配だ。

金属単体やケーブルだけならまだ害は少ないかもしれないが、プリント板やブレーカなどのコンポーネントや接着剤(エポキシ樹脂)を極度な低温にさらすと、部品の熱膨張率の違いからストレスがかかり、すぐに壊れないにしても製品の寿命を縮め、早い時期に不良や故障が発生してしまう可能性がある。

オーディオコンポーネントを構成している多くの電子部品は、ハンダ付けされる関係上、短時間の高温に耐えるよう作られているが、マイナス100度を超える低温に対しては、まったく保証されていないのだ。一度クライオ処理したものは元に戻せないそうだが、確かに、一度ストレスをかけて痛めてしまったものを、元に戻すことは不可能だ。

素人がヘタに真似して、常温に戻すときに接点や可変抵抗の摺動部を結露させてしまい、取り返しの付かないことになるかもしれない。例えば、マイナス100度を超える世界は、取り扱いが大変である。そこで、ドライアイスを使ってこれをマネした、「なんちゃってクライオ処理」をするショップが出てくるかもしれない。これは、マイナス80度前後の処理となるから、容易に区別できるだろう。ドライアイスを使ってケーブルからアンプ、スピーカまでなんでもかんでも処理して、音が良くなりましたよ、といって商売をするのだ。アンプやスピーカをそのまま低温処理するなど、とんでもない話である。

もし物理的に効果のある熱処理を提案するとしたら、加熱によるハンダ付け部分や銅線の残留応力除去、材料の軟化処理などであるが、これとて、すべてに適用できるわけではない。

 

<関連商品>
クライオ処理された商品一覧 こういう商品に手を出してはいけません