リスニングルームの改善~自動音場補正は役に立たない

 DSPを使ったデジタルプロセッサーが安価になり、AVアンプなどに自動音場補正機能が付くようになった。その多くはスピーカーからランダムノイズなどを発信し、各スピーカーの音圧レベルと、距離補正をする(各スピーカーからの音の到達時間を揃える)というもの。

 これによって、最適なリスニング環境を創れるという。多数のスピーカーを配置するホームシアターでは、この手の機能は確かに有用だ。

 自動音場補正の中には、周波数特性まで補正するものがある。これについては、多くの場合うまく機能しない。

 

周波数特性の補正でマイクロフォンが拾う音は、部屋の定在波の影響を含んでいる。定在波を含んだ状態で補正をかけても、まともな結果は得られない。

 ソニーデジタルアンプ(TA-F501 )付属のマイクロフォン(2008年)。補正項目は、有無、距離、角度、レベル、周波数特性の5項目。

 

 

 定在波は時間をかけて成長するもの。そのような定在波のピークをイコライジングで押さえてしまうと、音楽信号を流したとき、その周波数のレベルが不足してしまう。

 逆に、定在波の節に合わせてイコライジングしてしまうと、実際の音楽信号を流したときその周波数だけ過剰に出てしまう。

 結局この手の補正は、周波数特性の山谷がどうして出来ているのかを無視して、単純に周波数特性がフラットになるようイコライジングするだけ。定在波のある室内では、やらなくていい調整をやってしまい、かえって不自然な結果を生むことがほとんどだ。

 

定在波を押さえる方法

 定在波が立つ空間ではまずそれを対策することが先決。定在波を対策した後であれば、自動音場補正もある程度有効かもしれない。具体的方法は別の記事で詳しく書いた[1]ので、そちらを参照してほしい。

 

<関連商品>
デジタルプロセッサー 何をするものか、よくわからない商品が多いようです
自動音場補正アンプ

<関連記事>
1.わずかな細工で部屋の音響特性を劇的に改善する
リスニングルーム関連記事一覧