整圧ふとん&ムアツまくら

今回購入したのは西川の整圧敷きふとんとムアツ枕である。この整圧敷きふとん、わたが入った通常の布団とは違った感触がある。整形自在なウレタン素材を加工することで、従来の綿布団では得られない機能を実現できることをこれが証明している。

 実際に寝てみた感触は、突起にやや違和感を感じるものの、寝心地自体は悪くない。もうしばらく使ってみようと思う。この突起、もう少し小さくしてピッチを細かくすれば突起の違和感も軽減されるだろう。

 ただウレタン素材の耐久性が気になる。メーカでは平均8年というが、これはおそらくエーテル系のウレタンを使っている為だろう。いすれにしても整圧敷きふとんは3分割されていてローテーションできるので、ヘタりを均等にでき、一般のウレタンマットレスより長持ちさせることができるのは確かだ。8万円以上もする高価な布団が数年でパーになったのでは困るので、メーカが言う寿命をひとまず信用ておきたい。
 ムアツ枕のほうは形状が扁平に変わってニューリアルした。過去ムアツ枕を購入したことがあるが、これは数ヶ月でへたってしまう代物だった。

 ふとんにしてもまくらにしても、西川の商品は値段が高い。スポンジでできた布団がなんで8万円以上もするのか、何の変哲もないその専用カバーがどうして7千円もするのか、理解に苦しむ。材料にしても整形にしても、カネがかかていると思われる部分はない。製造原価は販売価格の1/5程度ではなかろうか。

 

<参考購入先>
西川のムアツ布団
西川のムアツまくら

(2014/2 追記)
このムアツふとん、毎日使いって10年経つが現在も健在だ。特にヘタった様子も無い。高いだけあって、スポンジの素材にいいものを使ってるのだろう。ムアツ布団の突起は、寝る人に合わせて変形し、高反発によって均一な体圧分散を得る一つの答えといえそうだ。