サイクロン掃除機の現実

現在掃除機はサイクロン式と紙パック式の2つの方式が流通している。サイクロン式はフィルタの目詰まりしやすい問題があり、シャープはセルフクリーニング機構を考案してこの問題を解決した。他社で同様の機構をもったものが存在しないことをみると、特許によって保護されているらしい。国内においてサイクロン式の掃除機でなんとか使えそうなものはシャープ製しか存在せず、他社のものはフィルタのメンテナンスに手を煩わす代物になっている。

 一方古くからある紙パック式掃除機は性能・機能的に成熟し、他社との差別化がしずらい状況になっている。紙パックはゴミのストックとフィルタの2つの機能を備えた重要部品で、その性能は極めて高くほぼ完成の域にある。そのためユーザーは紙パックがいっぱいになるまでほとんどノーメンテで運用でき、純粋に掃除に専念できる。

 掃除機の性能は仕事率で示されるが、実際のゴミをピックアップする能力はノズルの性能に依存し、仕事率は負荷の増大に対する余裕と考えるのが適当である。つまり、仕事率が大きい掃除機はフィルタが目詰まりしてきたときの吸引力の低下が少ない。これはクルマの排気量に相当するものと考えるとわかりやすい。つまり排気量の大きいクルマは、負荷に対して余裕があり乗員が増えたり坂道になってもパワーダウンが少ないのと同じである。掃除機の仕事率に関しては、一般家庭の実用では350Wもあれば十分である。

 最近二次電池が進歩したおかげでコードレスも登場しているが、実質上の仕事率がコードありのものに比べ1/5~1/10程度と大幅に小さいため、ちょっとの目詰まりで大幅に吸引力が低下してしまい、メインの掃除機として使うのはムリがある。これは時々補助的に使える程度のものと考えておきたい。

 サイクロンはもともとフィルタを使わないで粉塵を遠心分離する装置である。現行のサイクロン式掃除機でフィルタの目詰まりが頻繁に起こるということは、これがきちんと機能していない証拠であり、まったくお勧めできない。
 セルフクリーニング機能を付けたり、フィルタを多段にするなど様々な工夫がされているが、所詮吸引気流を利用した極小容器の「なんちゃってサイクロン」では、サイクロン本来の機能を実現することは難しいと考えている。

 

<参考購入先>
サイクロン掃除機