金メッキは錆びる1~封孔してない金メッキはすべて錆びる

写真は、完全に錆びてしまった金メッキ高級ケーブルである。肉眼では艶がなくなったように見えるが、顕微鏡で見ると金は錆びておらず、下地が錆びてメッキが浮き上がっている。これでは、何のための金メッキかわからない。

オーディオ用品の金メッキは、様々な手抜きがされている。なかには下地メッキを省略して銅合金に直接メッキをした粗悪な物もある。メッキの厚み自体がきわめて薄く、封孔処理していないものがほとんどのようだ。

(下地にニッケルメッキがあるものは左のサンプルのように綺麗なつや消しになる。下地メッキがない物は中央のサンプルのように部分的にめくれてくる)

最初は金色に見えて綺麗だが、そのうちピンホールのところから下地が錆びてしまい、メッキの下を潜り込むように広がって、写真のような結果になる。これらの金メッキは「見た目が金色」というだけで、その信頼性、性能はスズメッキやニッケルメッキに劣るのが実態だ。

pin2b pin3b

ではどのような金メッキならよいか、という話だが、少なくとも下記の条件を満たしていることが必要である。

  1. 24K以上の純度でメッキしてあること。
  2. メッキの厚みが0.5ミクロン以上あること。
  3. 良質な下地メッキがしてあること。
  4. ピンホールの封孔処理がされていること。

1 はコンタクトがある程度柔らかいことと、表面に酸化物ができないという金本来の性質を発揮するために必要な条件である。
2 はメッキ厚が0.5ミクロンを下回ると急激にピンホールが増えて品質が落ちるためであり、基本的にメッキ厚は厚いほどよい。
3 は母材に対する金の熱拡散を防ぐためにも重要であり、一般にニッケルメッキが多いがニッケルと金の間にパラジウムを挟んだ物もある。
4 封孔処理していない金メッキは空気にさらしておくとすぐに錆びてメッキが浮いてきてしまう。封孔処理にはドライとウエットの2種類がある。

オーディオコンポーネントについている金メッキをみると、1 は能書きとしてよく見るが、2~4に関しては全く不明である。中には、金メッキと称しているものの、下地がスケて見えるほど薄いものもある。

このような金メッキ端子を保護するには防錆効果のあるコンタクトオイルを塗るとよい。良質なコンタクトオイルは封孔の機能も兼ねるから、上記の条件を1つも満たさない品質の悪い端子でも、問題をカバーして寿命を延ばすことができる。

 

<コンタクトオイルのお求めはこちら>
Rational001s 001の改良型
Rational003 コストパフォーマンスに優れた万能オイルです
選定ガイド 001s,003の比較表。用途に応じてお選びください

<関連記事>
コンタクトオイル関連記事一覧