PCケースは集塵機か2~空気清浄機は使えるか

パソコンのケースにダストフィルタを付けると、ケースが集塵機になってしまう。そのため、埃の多い部屋では、すぐにフィルタが詰まって故障の原因になる。

 このような状況を改善する方法に、空気清浄機を別途用意してケースのフィルタを撤廃する手がある。ケース等で一般的な軸流ファンは圧損に弱く、フィルタが詰まると大きく風量が落ちてしまのでフィルタがない方が冷却にも有利である。

 空気清浄機を選ぶ際は、下記の点を注意する。

  1. プレフィルタがついていること。プレフィルタがないと、メインフィルタに大小すべての塵が蓄積されるため、寿命が短い(安い空気清浄機がたいていこの構造になっている)。
  2. 消費電力が小さいこと。24hr365日フル稼働するためにも、消費電力はできるだけ少ないものがよい。

 空気清浄機は吸気よりも、いかにして部屋の空気をよどみなく回すか、という点が重要である。吸気の方向が多いことは、何のメリットもない。指向性の強い風を上方向に強く吹き出せることを重点を置いたものを、選ぶべきである。

 部屋に空気清浄機能付きのエアコンがあれば、これを流用する手もある。最近のインバータエアコンは消費電力が少なく、ヘタな空気清浄機よりも消費電力が低い。私が使っている東芝RAS-285BDRのイオン空清モードの消費電力を測定したら、10W以下であった。夏場は冷房OFFのとき送風することでカビを防ぐ効果もある。

 

<関連商品>
PCケース
PCパーツ