試乗記~日産 ティーダ 15M

試乗日:2004/10/31

ボディ・内装
 ティーダには5ドアハッチバックと4ドアセダン(LATIO)の2種類がある。5ドアの価格表にはステーションワゴンと書いてあるが、これはどうみても5ドアハッチバックである。これをステーションワゴンと呼ぶのは営業的な都合と思われるが、未だにレガシィの影響を引きずっているようで情けない。ティーダはレガシィとは全く違う新しいコンセプトのクルマなのだから、自信を持って5ドアハッチバックと名乗ればいい。
 5ドアのリアデザインはヴィッツの延長にあるもので、若々しいイメージがある。LATIOのリアデザインはメルセデスのコピーだが、トランクルームは、LATIOの方が圧倒的に広い。ドアの閉まり音をはじめ各種操作系は上級車に通じる質感を持っており、なかなかである。ナビを付けると操作系が統合され、まるでフーガのようである。センターにあるスイッチはスティックのようにみえるが可倒できず単なるジョグダイアルで、ボタンが分かれてしまっているため操作がややしずらい。
 エアコンの空調音はかなり大きめである。
 オーディオの交換は容易でないが、15Mについてくるオーディオの音はなかなかもので、これだけの音質であれば特に不満はないだろう。

 シートはかなり柔らかめでドイツ車的な硬めのシートとは方向が異なるが、座り心地はなかなかよく快適。15Mの後席 シートは左右分離しておりリクライニングが可能。このクラスでは申し訳程度の一体シートしか付かないことが多いが、後席にこれだけのシートが付いてくるのは驚き。長時間の長距離旅行も快適そうだ。

走り
 試乗車はCVTでアクセルを踏み込んでもワンテンポ遅れて加速するため違和感がある。フィールからいえば明らかに4ATの方がよいが、2WDだと4ATは最も下位グレードの位置づけであり装備の面で不満が出てしまう。カタログ上の燃費はCVTの方がよいが、これは最高変速比にカラクリがある。トランスミッションの効率は本来ATの方がよいので、乗り方によって逆転することも十分考えうる。フィールや効率の面で劣るCVTが上位モデルになっているのは、CVTの方が製造原価が安く、利益率が高いからだろう。
 エンジンは4気筒で音は回転に比例して上昇し、音はやや大きめだが、音色は一定でまずまず。
 走りはロードノイズが低く押さえられ、サスの動きもなかなか上質で、まるで一昔前のビスタ、アルデオクラスに匹敵する。ただステアリングフィールは甘さがあり、この点はマイナーチェンジ前のヴィッツ/プラッツのほうが優れている。
総合
 ティーダは2Lクラスのドンガラにコンパクトカーのエンジンを載せたようなクルマである。コンパクトながら上級車的な雰囲気を味わえるが、回転数が上がるとエンジンノイズが上昇し、インテリアや乗り味の上質さとの間にギャップを感じてしまう。結局クルマというのはエンジンの排気量で決まる車格にふさわしいインテリア、乗り味というものがあり、その観点からするとティーダは中途半端な感じがしてならない。こういうクルマは、営業的にもかなり難しいのではないだろうか。
 変速機は効率が悪く違和感のあるCVTを減らして4ATを上位グレードに追加してもらいたい。現状のラインナップでATを選び装備を満足させようとすると15M FOURしかなく、余計な機能(4WD)がついて最も高い買い物になってしまう。

<関連商品>
ティーダの人気アクセサリ
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です