XLRケーブルの選び方

 オーディオ用に普及している信号コネクタにはRCAのほかにXLRがある。今回はXLRケーブルの選び方についてご紹介する

 

最大のメリットはバランス伝送

 XLRケーブルはバランス伝送を前提に作られていて、イベントやコンサートなど屋外SR用途で使われる。

 バランス伝送とは2本の信号線でお互い逆位相の信号を送り出し、受け側で差動増幅することで同相ノイズを除去する方法。但し、送り出し側と受け側がこれに対応していないと、バランス伝送にならない。

 RCA接続など、バランス伝送続ではないものを「アンバランス伝送」「シングルエンド」という。この方法では同相ノイズを除去できない。

 このバランス伝送のメリットはケーブルを数十メートルで使ったときに現れる。室内オーディオでは広い部屋の中でプリアンプを手元に置き、パワーアンプが遠方のスピーカの近くに置かれているような場合に有効だ。

 接続互換のため、アンバランス信号をXLRケーブルで伝送することがある。見た目はXLRだが中身はアンバランスなので注意したい。ただXLRコネクタを使う分、信頼性はRCAより上と言える。

 

XLRコネクタの金メッキ品は避ける

 XLRコネクタを作るメーカーはITTキャノンとノイトリックが有名だ。どちらも信頼性の高い商品を作るが、コンタクトが金メッキの商品はメッキが非常に薄い(ノイトリックは0.2ミクロンしかない[1])ので注意。
 信頼性が高いと評されのは、ごく一般品。こちらは2ミクロンの銀メッキが施されている。

 ノイトリックプラグ(NC3MXX-B)の付いたXLRケーブル(カナレEC03-B)。抜止めがないが、民生機器では問題ない。

 金メッキはRational003のようなコンタクトオイルを併用すれば問題ない。

 

 

合理性を求めるとカナレに行きつく

 ケーブルで大事なことは、以前の記事[1]でご紹介したように、「軽くてしなやか」「接触の信頼性」「ノイズ耐性」の3つだけ。
 この点に注目して探すとカナレが目に留まる。カナレのXLRケーブルは上記条件に満たす同社ケーブル(L-4E6S)にITTキャノンかノイトリックのコネクタを付けたもの。値段もお手頃だ。

 RCAケーブルに使わる電線(GS-6)もこれら条件を満たす数少ないケーブル。カナレは無意味なスペックを追求せず合理的な商品を作るメーカーだ。

 

XLRケーブルの結論

 (1)ITTキャノン(XLR3-11C)を使ったカナレのXLRケーブルが候補になる。
 XLRは商品の種類自体少ない。XLRはこれ一択で他のものは忘れていい。

 (2)金メッキ品(ノイトリック)コンタクトはメッキが薄い。
 コンタクトオイルと併用して使いたい。
 

<関連商品>
XLRケーブル一覧
カナレのケーブル カナレは合理的なケーブルを作るメーカ。お勧めです
Rational003 コンタクトオイル

<関連記事>
1.ピンケーブルの選び方1~RCAケーブルにお金をかける価値はない
ピンケーブルの選び方

<参考文献>
1.ノイトリック
2.ITTキャノン