土地探しの情報整理術

 不動産情報は通常、A4を横に使ったものが多い。ここには周辺地図と土地の価格、坪数などが記載されているが、これを見ても、地図が境域過ぎて、具体的にどの辺なのか、周囲の状況なども、さっぱりわからない。また、自分が自動車通勤の場合は対象エリアが広くなりすぎて、情報も膨大となり、選別が困難になる。

 そこで、自分専用の不動産情報マップを作る。

  1. まず、自分が住みたいと思っている地域の都市地図(昭文社)を購入する。これは広げるとA2くらいになる大きい地図である。
  2. コンビニに行って、1/30000の縮尺の方を部分的に折りたたみながらコピー機に広げる。自動車通勤の人は勤務地、電車通勤の人は駅を中心に、A3で白黒コピーを取る。失敗を取り直しに来なくて済むよう、少しずつずらして何枚か取るといい。
  3. 自動車通勤の場合は勤務地を中心に半径233mm(約7km)の円を描く。コンパスは製図用の大きいものが必要だから用意して欲しい。7km圏内は通勤時間にして20~30分程度の距離に相当し、快適に通勤できる目安である。
  4. 次に、駅を中心に半径33mm(1km)の円を描く。半径1kmは徒歩10~15分程度の距離に相当し、快適に歩ける目安である。この駅からの半径と、勤務地からの半径が重なっている領域が、自分だけの「ゴールデンゾーン」である。それでも希望の土地が見つけられない場合は、自転車を使うことを想定して駅から半径67mm(2km)の円を描いてみよう。
  5. その他、自分が必要、便利と思われる施設や道路にに蛍光ペンで印を付ける。小さいお子さんがいる人は、小学校にマークを付けるといい。小学校低学年の通学は徒歩となるためである。

 このようにして作ったマップの例が次である。緑の領域が、ゴールデンゾーンだ。都市地図に直接書き込めばいいと思う人もいるかも知れないが、紙が大きすぎて扱いにくいし、ペンを使って後で消したいと思ったときに消せなくなるのも不便である。

tochi1

 不動産情報は、基本的にこの領域内で探す。不動産情報と照らして、気になる物件を見つけたら、鉛筆で★印を付ける。こうすると、周囲との関係が一目でわかる。鉛筆を使うのは、見に行ってダメな場合消せるからである。

 不動産屋に土地を探してもらう場合でも、このマップのコピーを渡しておけば、ずっと質の良い情報を入手できる。不動産屋でも広域地図を壁に貼りだして、不動産の場所にピンを打ち、ピンの番号や色から価格や詳細情報がわかるようにしてくれると、わかりやすいのだが、残念ながらそういう工夫をしているところは見かけない。

 不動産屋からもらった情報は、次のように整理していく。

 A,B,Cのランクを右上に記入してそのときに思った理由を簡単に記入しておく。ランク付けの基準は、Aは最有力候補、Bはちょっと気になる。Cは検討外である。
 実際に土地を見に行ったら、必ず写真を撮ってくる。写真を数枚まとめてA4で印刷し、そこに現地の状況を書き加えて不動産情報と一緒にホチキスで留めておく。写真があると、そこがどんな様子だったか、明確に思い出せる。

その他
 不動産屋の土地情報のやりとりはFAXが主流であるから、FAXは是非購入しておきたい。住宅の間取りや設計を検討していく際にも役立つ。

<関連商品>
土地の選び方