試乗記~富士重工 NewインプレッサWRX STi(GH-GDB) 6MT

試乗日:2005/8/20

ボディ・内装
 前後を切り詰めたボディは小柄だが、以前と異なり安っぽい見栄えは払拭されている。飛行機をモチーフにしたといわれるフロントグリルの意見は分かれるところだが、実物をみると悪くない。背が高いため後席も狭い印象は無く、トランクスペースも十分と思える容積を確保している。
 インテリアの質感も向上し、クラス標準といえるレベルになった。
 レカロ風の深いバケットシートも改良され、堅いだけだった以前のシートに比べると座り心地もだいぶ良くなっている。
 空調の音は最大にしても不快な風切り音が低く抑えられているが、モータの回転音が一緒に聞こえるのがやや気になる。
 試乗車はオーディオレスだったため音質は不明。
 パワーウインドウの上下は重厚感があるタッチで変わらず。
 ドアの閉めたときの剛性感と質感はかなり高いが、窓をあけた状態だと振動が尾を引く感じがして今ひとつである。
 ライトなどスイッチ類の質感は向上し、クラス相応のレベルになった。
走り
 エンジンは回転に比例して音は大きくなるものの、音色の変化はほとんど無い。4気筒の中ではベストに近い。排気音もごく普通で以前のようなドロドロいう特徴はなくなった。
 6MTのシフトレバ-は長めだが、数センチの極端なショートストロークとなっており、入りもややシブく、シフトチェンジは叩き込むイメージに近い。
 ブレーキのストロークも極端に少なく踏み始めるとすぐに効いてしかもカッチリとしたタッチが感じられる。これは大変素晴らしい。
 ステアリングフィールに問題はまったく無くなった。とてもなめらかで、重さも軽すぎることなく、余計な遊びも無い。
 クラッチはかなり重い部類に入る。長時間ドライブでは、間違いなく疲労に繋がるだろう。
 乗り心地は足回りの堅さを感じさせる割にフラットな感覚があり突き上げもキツくない。以前に比べるとかなり乗り心地は良くなっている。低回転ではトルクが細くアクセルを踏み込んでも反応しないが、3,000rpmを超えたあたりからターボが効き始め、3,500rpmからターボらしいグッとくる加速感がある。ただエンジンは低回転トルクを犠牲にして最大トルクを稼いだ色合いが濃く、低回転時のパワーフィールは1.5Lクラスにも劣る感じがする。こういう低速トルクが弱いクルマは普通にクラッチをつないだ場合のスタートが遅い。信号スタートで普通にアクセルを踏んでいる軽に負けることも。

 車重が1.4トンを超えるためR32 GT-Rのような軽快さは無い。ボディ剛性の高さと重さの両方を感じさせる走行フィールは、「装甲車」をイメージさせる。
 履いているタイヤのせいもあるが、走行中のロードノイズはかなり大きい。この点は以前より悪くなった。

総合
 クルマとしての内容は前回の試乗に比べ大幅に進歩しており、インテリアやエクステリアのネガはほとんど無くなった。しかし2Lクラスで1.46トンはいくらなんでも重過ぎないか。2.5L直6エンジンを乗せるR34スカイラインより重いのだ。
 2Lのターボといえば運動性能と動力性能をバランスできる組み合わせといえるが、このような構成のクルマは今や希少になりつつある。これも結局ボディの大きさや重さが小さくて済むところから来ているのだが、1.4トンを超えてしまうとそのメリットも消えてしまう。
インプレッサを買うならノーマルのWRX 5MTがベストではないか。STiより100kgも軽いし、エンジンのトルク特性も好ましいカーブになっている。

<関連商品>
インプレッサWRXの人気アクセサリ
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です