スポーツカー選び~チャパツ整備士のいるディーラの対応はまともか

 私のGT-Vもそろそろ5年目の車検を迎える。この節目にスポーツカーについてリサーチしてみた。これまでいろんなクルマを試乗して判ったことに、重さの限界がある。スポーツを名乗るクルマは1.4トンを超えたらダメ。1.4トンを超えると、いくらパワーがあっても重い感じがしてしまう。排気量にも適正値があり、車重が1.3トン台なら2Lほしい。2L&1.4トン未満&MTという条件が目安になりそうだ。

 

 この基準をもとにサーチすると、トヨタ、ニッサンには該当車種がなく、アテンザ、アクセラ、ロードスター、インプレッサWRX(STiではないやつ)、B4 2.0iなどがスペックの選考をパスする。意外にも、マツダが多い。真にライトウエイトスポーツと言えるものは、ロードスターしかなくなりつつある。  ホンダには多くの該当車種があるが、スポーツVTECは高回転型で低回転トルクが細く、駆動方式もFFに限定されるため、私的には対象外である。FF&NA&VTECが良くも悪くもホンダの縛りといえる。

B4は魅力的だが、未だ続いている水平対向+4WDという無駄に思える構成や、販売店の対応やサービスの面でボツになってしまう。この4WDメカニズムのせいで、2Lクラスなのに2.5L以上の価格と重量になっている。  マツダはスポーツカーにとって、軽いことがいかに大切なことか、良く認識している数少ないメーカだ。しかしここも販売店の対応やサービスの面が伴っていない※ため、対象外になってしまう。  結局今回も、見送ることになりそうだ。

※ 以前ロードスターを買ったとき、チャパツのニーチャンが整備をやっていて、作業着はTシャツだった。買う前からいやな予感がしていたが、実際お世話になってみると、心配は的中した。サービスも営業も、頭髪や服装に乱れが見られるディーラでは、まともな対応は期待できない。
 気に入ったクルマほど、ちょっとした不具合が気になるものだ。しかしサービスのレベルが低くて直らないと、不満が募るものである。異音やドライブフィールの問題を直す為には、サービスにもある程度のレベルが必要なのだと痛感した。

 

<参考購入先>
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤