試乗記~BMW New 320i 330i(E90) 6AT

試乗日:2005/9/10

ボディ・内装
 格好悪い、デカいとかいろいろいわれているE90シリーズだが、実物はそれほど悪くなく面の構成がより複雑で新味を感じさせる。これも結局慣れではないかと思う。幅が広いせいか室内はとても広く感じる。空調の音は優秀、風量最大でもさほどうるさくならなず、内気、外気の切り替えによる騒音の変化も少ない。
 オーディオはレンジがそこそこでクオリティも高くは無いが、聞きやすい音色に調整されている。330iではピラーにもツイータが追加されるが、もともとユニットが高い位置に配置されている関係上、指向性の問題も少ない為、ツイータが付いたところでそう大差ない印象である。
 ドアの閉まりはカッチリとした剛性を感じさせるフィールで、国産車が模範にしているがなかなか超えられないもの。このフィールは、ドアヒンジやドアにヘナヘナ感が一切なく、閉めた瞬間振動が尾を引かない。そのため、ドアがまるで一枚の高剛性板のように感じる。カッチリした感覚は、最後に金属的なロック音がするところからもたらされる印象だろう。この感覚は4枚のドアすべて同質である。
 シートはノーマルがベスト、革張りはホールドが悪く、この種のクルマにマッチしない。
 パワーウインドウの上下フィールは標準的。
 ウインカーとワイパーのレバーは国産車と左右が逆だが、操作感は高級車らしい品位のあるもの。
 330iで標準で付いてくる純正ナビは、はっきり言って使いにくい。手元に大きいジョグダイヤルがあってこれは便利なのだが、その機能の割付やメニュー構成が決定的にダメだ。画面も狭く、ボヤっとしている。ディーラオプションで用意さているものの方がずっと優秀、共同開発したという取り付け部品もまるで純正のような一体感があって好ましい。

BMWnavi 左はパナソニックと共同開発したというBMW専用のオプションナビ。CN-DV155FDブラック+専用取り付ジグのセット。使い勝手が良く、視界も遮らない。まるで純正のような一体感がある。

 
走り
 320iは4気筒2L、330iは6気筒3Lという違いがあるが、音色はどちらも「ジュイーン」というもので、モータに近い感覚だ。4気筒と6気筒の音の差は、爆発間隔の差に起因する音の連続性のみで、驚くことにベースは基本的に同じ音、音量である。4気筒は高回転でも音量があまり増大せず、まるで6気筒のよう。これを6気筒と言えば、誰も疑わないかもしれない。
 ステアリングフィールは、車速感応による制御が控え目のためか、低速では重いが速度が乗ってくると軽くなり、まるでカミソリのように鋭い応答を示す。それは反面、直進の不安定さや緊張感に繋がるのは事実だが、そこは適度な摩擦トルクがあって不安を感じさせるほどのふらつき感はない。とはいえ、国産車から乗り換えると、「応答が敏感すぎる」と感じる人もいるだろう。これは結局ステアリングジオメトリによるものだが、国産車ではみかけない無いセッティングである。
 このステアリングフィールはつねに運転を意識させる、悪く言えば神経を使うもので、好きな人にとっては代え難いものであり、運転がおっくうで、出来るだけ楽をしたいと思う人にとっては、邪魔に思えるだろう。320iはベースが2Lのため、踏み込むと加速が鈍いことを感じるが、6ATとのバランスが良く、普通に走る分には非力さを感じさせない。雑誌等でよく言われているように走りは320iの方が軽快で、330iは車体やエンジンが重い分、慣性の大きさを感じる。 
 剛性感の高い乗り心地や、フラットな乗り味は、サスの動きが大いに関係していると思われるが、これは最近の国産車も追いついてきている。
 320i,330iはどちらもロードノイズは小さいが、エンジンがそれ以上に静かなため、Dレンジで走るとエンジン音はロードノイズに埋もれてしまってほとんど聞こえなくなる。
 320iの乗り心地はスポーツと快適性がハイレベルでバランスされているが、330iの足回りは固められており、荒れた路面では突き上げ感がある。年配の人には、硬過ぎると感じる人もいるだろう。6ATは変速ショックをまったく感じさせないスムースな加速を実現しているが、弊害もある。多段ATのメリットは燃費にあり、ATのプログラムもスポーツではなく燃費重視になっているようだ。そのため、大排気量エンジンとの組み合わせでは、つねに最適ギア(ハイギア)となり、キックダウンの応答も鈍いため、「パワー抜け」を感じる。
 例えばDレンジで走り出すと330iでは2000rpm付近で勝手にどんどんシフトアップしていくためタコの針があまり動かなくなる。そこでもう少し加速したいと思ってアクセルを踏み足しても、クルマが応答せず、重鈍に感じてしまう。これは巡航速度からのチョイ加速でも同じで、その挙動は2000rpm付近に「トルクの谷」が存在するかのように錯覚させる。

6ATにはマニュアルモードもあるが、これも結局MTのダイレクト感には遠く及ばない。最初ちょっといじったら後はずっとDレンジに入れっぱなしになるだろう。

総合
 BMWはエンジンとステアリングフィールが突出した、とても個性的なクルマだ。そのエンジンは相当ハイレベルと感じるが、BMWはモータを目標にしているのか、同じ直6でも国産の直6とは音質が全く違って聞こえる。どちらがいいかは、乗る人の嗜好にゆだねられる。
 3シリーズは乗り心地とハンドリングを高度にバランスさせた「ラグジュアリースポーツ」といっていいが、3Lと6ATとの組み合わせはラグジュアリーの面が突出してミスマッチだ。アクセルフィールが完全にスポーツで無くなってしまうし、マニュアルモードは解決手段になり得ない。滑り止めの無い革張りシートも同様で、「曲がる」ためのクルマの装備としてみた場合、不適当な仕様だ。
 2.5Lの325iは車重が1.5トンを超えており維持費の面で損である。E90が出るとき旧シリーズに駆け込み需要があったというが、E46シリーズの最終型を入手するのは賢い選択だったかも知れない。
 BMWは3シリーズも重くなってしまった。BMWのコンセプトである「駆けぬける歓び」を味わえるのは、一番下に位置する320iをMTで乗った場合のみのようだ。クルマの性格からしても、やはりMTが合っているし、4気筒のフィールは決して安物ではない。

<関連商品>
BMWの人気カー用品
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です