R34スカイラインのインチダウンは可能か~キャリパ干渉との戦い

 R34スカイラインのターボとGT-Vの標準タイヤは225/45R17。幅広のうえに扁平率が高いことから、路面の凹凸にハンドルがとられやすく、乗り心地も悪い。そこで、これらの改善を検討した。

 

 路面の凹凸にハンドルがとられやすいステアリングフィールだけ改善する場合は、フロントタイヤを205/50R17にサイズダウンすればよい。これの効果は以前検証した。しかし、乗り心地をまで改善するには、タイヤのばね定数を下げる、すなわちインチダウンして扁平率を下げなればならない。

 ところが、GT-Vのブレーキはキャリパーが大きく、ホイールと干渉してインチダウンは出来ないといわれる。現物をみても、純正17インチのリム内径とキャリパ-との隙間には指1本しか入らない。16インチにすれば干渉してアウトになるのは目に見えている。しかし、インチダウンは不可能ではない。

 ホイールを変える際、オフセットを大きく変えないよう注意する必要がある。純正ホイールのオフセットは+40。これに一致するホイールは無い。ここを+33まで許容して調べた結果が以下の表だ。

R34スカイラインの16インチホイールに関する適合

メーカ 名称 サイズ 適合 備考
RAYS VOLK RACING TE37 16 7JJ +33 ○(未確認) 鍛造&軽量
RAYS VOLK RACING CE28N 16 7JJ +33 ○(未確認) 鍛造&軽量
RAYS VERSUS TURISMO SPADA 16 7JJ +33 鋳造
バーディークラブ P1レーシング 1670 +35 ○(未確認) 絶版
ディスモンド リーガマスターEVO 16×7 +35 ○(未確認) 絶版
エンケイ RS+M 16 7J +35 × 鍛造&軽量
ニッサン R32純正 16 6.5J +40 × 鋳造
ニッサン Estilo 16 6.5JJ +40 × 鋳造

 

 選定において、「ビックキャリパ対応」となってることが最低条件となる。適合が○のものはまず大丈夫と思うが、実際に当ててみるまで確実とは言えない。填らない場合は返品可能か、事前にショップに確認しておくことが大切だ。

 ビッグキャリパに対応しているものはレース用の軽量ホイールが多く、そのほとんどが絶版※1になっている。新品で入手できる候補は3種類しかない。いずれもRAYS製で軽量な鍛造品と鋳造がある。乗り心地を良くするためにはホイールの重量が重いほど良く、鍛造を選ぶとインチダウンしても効果が相殺されてしまう恐れがある。そうして鍛造を除外すると、選択肢はSPADAが唯一となる。

※1 売れないホイールは型番廃止になったり、絶版(メーカが潰れるなどして)になることが多いため、適合するホイールが見つかったらすぐに確保しないと、二度と手に入らないかも知れない。

 

 SPADAに履くタイヤは、経済性を最優先してヨコハマのDNA ECOSを選んだ。ショップの店員いわく、「スカイラインをわざわざインチダウンして、ECOSを履くような人は、聞いたことが無い」そうである。それなら、私が第一号になってやろう。レースに出ないのにスポーツタイヤを履くのは無駄だ。

spada 写真は R34のビッグキャリパに干渉せず、16インチホイールを収めることに成功したところ。ホイールはRAYSのSPADA 16/7JJ/+35、タイヤはヨコハマのDNA ECOS 205/55R16。

 キャリパーとリム内径との最小隙間は5mm。バランスウエイトも問題なく付けられる。
 テーパーナットだけではセンターが出ず、高速走行で振動が出たためハブリングを追加した。

 

 

 重量は、SPADA+タイヤで19.6kg。純正17インチ+タイヤで21.0kgだったから、4本で5.6kg (27%)の軽量化になってしまった。サスペンションのバネで決まる乗り心地は、この分悪化したとみていい。
 一方、ばね定数は55タイヤのECOSが2.99×105N/m、元々履いていた50タイヤ(B500si)が3.66×105N/m※2なので、18%下げることができた。ホイールの質量比がわからないが、突き上げに関しては改善したかもしれない。
 実際の走行フィールはまずます。ステアリングフィールが改善され、突き上げも少し緩和されて乗り心地が良くなったように感じた。

※2 乗り心地の変化を知るにはタイヤのばね定数を知る必要がある。これは、後輪のタイヤのつぶれ量を測定すればおおよその値がわかる。まず空荷の状態で地面からホイールまでの距離を測定、次に、後部座席の測定したタイヤ側に人を乗せて、同じように距離を測定し、その差と、乗せた人の体重から求めることが可能だ。

banerate 左のグラフは上記の方法で求めたばね定数の例。測定はノギスを使用した。グラフから、ばね定数は空気圧の影響を大きく受けることがわかる。

 

 

 

 

<参考購入先>
アマゾンのタイヤ 問題があれば返品交換できるので安心です
ホイール
ハブリング 社外ホイールで必須のパーツです