あなたの知らない大排気量車の意外なストレス

 大排気量のクルマに期待するのは豊かなトルクと加速感だろう。ところが、燃費志向が強い現代では、1.5L以上のクルマは排気量が何Lでも、普通にアクセルを踏んだ場合のパワーフィール(加速感)にあまり差がない
 通常、排気量の大きいクルマには、力強い加速と余裕のある走りを期待する。しかし実際は、燃料カットしてパワーを抑えたり、2速発進して回転数を下げるなどして、パワーが出ないよう調整している。

 なぜか。それは、最近のクルマが走りよりも「燃費」や「静粛性」を重視している為だ。

※:排気量の違いは、通常を超えてアクセルを踏み込んだときに現れる。2L以下のクルマは最初のアクセル開度が大きいため、それ以上踏み込んでもあまり加速しないが、3L以上の場合は、踏めば踏んだだけパワーが湧き出す。

 

コンパクトカーに劣る大排気量車のパワー感

 大排気量のエンジンに多段ATを組み合わせたクルマでは、パワー感が1.5Lのコンパクトカー以下に感じられるケースがある。それは、重い車体をつねにハイギアで動かそうとするプログラムのせいだ。

 例えば、アクセル開度小でゆっくり発進したときは、必要に応じて加速に移行したい場合がある。この場合、MTだとドライバーの意思でギアを2速あたりで止められるが、ATは勝手にシフトアップしてしまう。

 ATが多段になるほどきめ細かくハイギアを維持しようとするから、低速で走行しているときは、いくらアクセルを煽ってもクルマが応答しない。それはまるで、「パワー抜け」したかのようである。それでも加速したいと思ったら、アクセルをしばらく踏みつづけて「キックダウン」させなければならない。

 

パワーを期待して大排気量車を買うと起こる悲劇

 排気量が3Lを超えるクルマの多くは高級車の部類に入り、ジェントルな走りをするセッティングになっている。すなわち、急激にトルクが出るようなことは避けるようコントロールされ、ギア比(ファイナル)も低めの設定だ。

 だから、大排気量のクルマをフンパツして買っても、いざ走り出してみると、今まで乗っていた車と大して変わらない。それどころか、アクセルを煽っても加速しない場面が増えて「アレ?」と感じてしまうわけである。

 結局、大排気量のクルマで普段感じるメリットは、回転数を低くして走れることによる「静粛性」がメインだ。

 

余裕のある走りとは何か

 同じ加速を得るために、排気量の小さいクルマはエンジンの回転数をあげないと走らないが、大排気量ではパワーに余裕があるので低い回転数で済む。これが、「大排気量車は、余裕のある走りができる」という言葉の中身だ。
 同じ加速を得るために、低い回転数で済むことによるメリットは「静粛性」に尽きる。

 

大排気量車のパワーを味わうにはMTで乗るしかない

 排気量相応のパワーを正味で味わうには、余計な制御が介在しないMTで乗るしかない。大排気量車に限らず、ATとMT両方が用意されている車種では、MTのほうがパワフルに走れることを覚えておいて欲しい。

 

<参考購入先>
人気のカー用品
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です