自動車保険の選び方~契約者が泣きを見る自動車保険の実態

 自動車に乗っていれば、誰でも一度くらい保険のお世話になるだろう。今では外資系の保険会社と契約する選択肢もあるが、外資系と日系には大きな違いがある。

 外資系を相手にしてみて、日系の大手損保には共通する問題があるように感じた。それは「契約者の為には働かない」ことだ。

 今回は、私がこれまでに味わった苦い経験と、その経験をもとに導き出した自動車保険を選ぶ際のポイントをご紹介したい。

 

最悪だった東京海上の対応

 私が最初のクルマを買ったとき契約したのは、日本の大手損保「東京海上」だった。契約時には「大きい会社にしておけば安心」くらいの考えだった。

 ある日、運悪く事故が起こって契約に基づきお世話になることになった。ところが、その対応が最悪だった。

 

名ばかりの示談交渉サービス

 東京海上の担当は基本的に受け身で動かない。こちらは次に何をアクションしたらいいのかわからず、苦労の連続だった。

 示談交渉サービスとは名ばかりで、交渉らしいことは何もしなかった。保険手続のための連絡を契約者に代わってすることが「示談交渉サービス」の実態だった。

 

最低の手抜き修理

 東京海上の名前でディーラーに板金修理を任せたら、細かいデコボコが目立つ仕上がりになって帰ってきた。聞くと水性塗料を吹付けただけ。焼付塗装も、ミガキもしなかった。

 塗装が柔らかく、ワックスをかけると塗料が削れてふき取りのタオルに色がついた。

 修理で手抜きされないためには、修理内容の事前打ち合わせが欠かせない。そして「納得いくまで印を押さないぞ」という姿勢を示すことが重要だ[1]

 

安く上げることが第一

 結局、東京海上にとって第一に重要なのは、できるだけ何もしない、できるだけ安くあげる(顧客への支払額を抑える)ことらしい。「契約者のために働いてくれた」と感じたことは一度もなかった。

 

スポンサーリンク

手ごわかった外資系保険会社

 東京海上と対照的だったのが、外資系の保険会社。このとき私は相手方(100%被害)だったので、外資系の担当者と直接相手をしたが、とても手強かった。

 すぐ電話がかかってきて、相手から一報もないうちに、ああしましょう、こうしましょう、と言ってくる。

「まだ相手から連絡が無いのに、保険会社と話をする気はない。順番がおかしいじゃないか」というと、「それなら代車も出せないし修理もしない」と言うのだ。

 

外資系保険会社は契約者の為に行動する

 外資系保険会社は、担当を評価する仕組みがあるのか、契約者様の為に動く。

 契約者様にできるだけ負担を掛けないよう、契約者様に代わって何から何まで全部やる。自分が相手方の場合は、補償の内容などこちらの要求が通らず、保険会社の言いなりになってしまうだろう。

 そんな外資系保険会社の対応を見て、私は「相手にすると手強いが、自分が契約者であれば頼もしいパートナーになる」そう思った。

 

外資系保険会社に対抗する方法

 自分が相手方で100%被害の場合は、自分が保険会社の相手をしなければならない。そこでもし、保険会社が提示する補償の条件に納得いかない場合は

「自分で費用を立て替えて、相手に直接請求する」

と言えばいい。これによって、最大限の要求を通すことができる。なぜなら、外資系保険会社は契約者様が勝手に保障内容を決めたり、契約者様に直接請求が行くのを一番嫌うからだ。

 

保険会社の選び方~大手は避ける

 保険の対応で泣きを見ないためにも、個人は

大きい保険会社とは契約しないこと

が重要だ。特に東京海上のような昔からある有名損保は横並びで同じと考えてよいだろう。

 大きい保険会社と契約してはいけない理由は3つある。

 

1.収益の多くを企業や法人の契約から得ているため、個人契約を重視しない。
2.人件費が高いため支払いに充てる元本が安い。そのため出来るだけ何もしないで、支払いを抑えようとする。
3.お世話になるときは大企業対個人。個人は弱い立場になってしまう。

 つまり、大きい保険会社にとって、個人契約者は自分の木に勝手に繋がってきた小さな「養分」に過ぎない。

 後で考えると、最初の私はまさにそんな立場だった。私が「東京海上」と名の付く保証会社と契約することは、今後一生ないだろう。

 保険会社を選ぶときは、国内の小さな地元系か、外資系、実店舗を持たないダイレクト系から選びたい。事故後の顧客満足度を自社調査しているところなら安心だ。

2018年追記: ちなみに私はダイレクト系のソニー損保と契約してます。

 

<関連商品>
自動車保険の選び方
超微粒子コンパウンド 樹脂部品の磨きに
ヘッドライトコート剤 ヘッドライトを磨いた後で塗ります
3M傷防止フィルム ドアノブひっかき傷防止に
Transcendのドライブレコーダー 信頼性が高くお勧めのレコーダー
消臭剤 同乗者に優しい匂わない消臭剤

<関連記事>
1.保険会社の手抜き修理を回避する方法