プラスチック、ゴムの劣化抑制に決め手はあるか

 青空駐車で塗膜の劣化を防ぐ一番いい方法は、何もしないことだとご紹介した[1]。塗装に関しては「放置」がベストであったが、プラスチック、ゴムに関しては、決め手が無かった。これらの保護を歌う商品は多くあるが、そのほとんどが、素材に浸透し、分子構造を破壊する劣化促進剤であった。

今回テストのために用意した保護剤は、肌用のスキンケアオイル2種と、303プロテクタント、水性アクリルシリコン塗料(アサヒペン バリューコート 黒)である。
303pro 紫外線を吸収する有効成分は、スキンケアオイルが「酸化チタン」、アクリルシリコン塗料が「顔料」、303プロテクタントは不明である。アクリルシリコン塗料は住宅の外壁に使われる高級塗料で、屋外でも10年を超える耐侯性がある。

303プロテクタントの能書きには、紫外線から素材を保護するとある。過去、保護するつもりで塗っていたこの手のツヤ出し保護剤が、実は「ツヤ出し劣化剤」だったことがあるから、事前に検証してから導入しないと危険だ。

303プロテクタントの中身は乳白色であり、シリコンを界面活性剤で乳化させた「つや出し劣化剤」によく似ている。乾燥させると何らかの油分が残ることから、油分を水に乳化させたものには違いないが、油を溶かすほどの洗浄作用が認められないことから、強い界面活性剤は使われていないようだ。

 

バリューコート「黒」の仕上がりは弾性がありツヤも適度に押さえられてゴムそっくりだ。エッジモール、ドアミラーの縁、ウレタンバンパーの底部など、ゴムやプラスチック部の保護に万能に使える可能性が高い。ただ、皮膜が柔らかいので、擦れや傷には弱い。このような場所に使う場合は何度か塗り重ねて厚みを持たせる必用がある。

今後、これらの保護効果について検証していくつもりだ。

 

<関連商品>
ワックス・コーティング剤
人気のカー用品

<関連記事>
1.あなたの知らない洗車の常識~ワックスをかけると塗装が痛む
自然塗料によるカーコート

<参考文献>
ゴム・プラスチックの劣化要因に関する資料