同じ頃に、同じことを考える人がいる

発明考案の世界では同じ時期に、同じことを複数の人が思いついたり考えたりすることはよくある。それは、世情や情報を共有しているからだろう。発明考案は企業の損益にかかわるため、特許の出願は一刻を争うといえる。

私がTSonEditの開発に着手したのは’97初旬だが、奇しくも本田勝彦さんが同時期にTEditorの開発に着手している(niftyのフォーラムFDELPHI/MES10/06748)。
おそらく、開発の動機は似たようなものであったと思う。しかし、私が2年間モタモタしている間に、本田さんはさっさと完成させて公開してしまい、シェア料金も本田さんが決めた3000円が相場になってしまったようだ。私はやむなくフリーとし、以後シェアの挽回をもくろむことになる。

音楽苦楽部は2002年頃から執筆を始めたが、同じころオーディオを理論で考えるサイトが立ち上がっている。そこの管理者の志賀志賀さんとはリンクの件で一度だけ、メールを交わしたことがある(2003/1)。音楽苦楽部を執筆した動機は、当時、技術的に考察したオーディオ記事が無かった為だが、志賀さんの動機もおそらく同じようなものと推察する。

 

<関連商品>
発明の役に立つ本 発明の出願は一刻を争うもの。個人の場合は出願そのものが大変なので、当サイトでは公開してしまっている。