Turbo Delphiは起死回生となるか?

Bolandから近々Turboシリーズが出るらしい。一度切り捨てたユーザを、どうやって振り向かせるつもりだろう。

「IDEは無償が当たり前」になったと前回の記事で述べた。Turboシリーズにも無償版が用意されるが、MS社の製品に比べると、「体験版」といえる内容だ。外部コンポを導入できないのでは、本格的アプリは作れない。VCLの付属コンポは中途半端なものが多く、役不足なのである。
BolandはMS社と事情が違うから、必然的に有償版に導く商売のやり方は仕方がないのかもしれない。

世の中のプログラマには、アプリを作るのが目的の「アプリケーションデザイナ」と、エレガントなコーディングを追求する「言語オタク」がいる。

C++やC++/CLIは適度に敷居が高く難解で、エレガントなコードを書くのにうってつけであるため、言語オタクに人気だ。しかし、アプリケーションデザイナにとって開発言語は手段にすぎない。生産性だけが重要で、言語は何でもいい。しかし、いくら生産性が良くても、将来性が見えないものは困る。

Bolandの製品は前者は十分満足しているが、後者については、まだ納得いく答えを十分示せていない。今回のTurboシリーズを今度どうしていくか、よく見えないのだ。サポートの仕組みを変えた失敗に気がついて、あわてて製品を切り売りした、という形にも見えるのである。

「シェア」と「将来性」 この2点がBolandの大きな課題といえる。

 

<関連商品>
Delphiソフトウェア
プログラミングソフト