動力性能の実態を比較する2~インプレッサ編

インプレッサのSTiでないWRXは2Lターボで唯一1.3トン台と軽いことから、現在私が注目している車種である。インプレッサにはいくつかのグレードがあり、カタログ上のパワーが違い価格にも大きな開きがある。B4と合わせて、これらスペックの差が実際どの程度違うのか、出したお金に相当する満足が得られるのか、悩む人もいるだろう。(以後、STiでないWRXを「WRX」,WRXのSTiバージョンを「STi」と呼ぶ)
そこで、インプレッサについて動力性能を計算して比較してみた。計算方法や前提条件は前の記事を参考にして欲しい。インプレッサの場合、5MTと6MTの総減速比が整合しないので、0.5Secの発進加速の評価には1速ギアを用いた。この結果が次のグラフである。

tolqueimp1
グラフ1 加速開始から0.5Sec後の加速度(1速ギア)

 

STiとS204の出足は遅い

 グラフには比較のためにランエボやスカイラインを加えてある。WRXやランエボの出足が良い事が注目点だ。これに比べるとSTiとS204の出足はやや鈍い。2500r/min以下でヴィッツにも劣るので、普通のクラッチワークでは、やはりヴィッツや軽のオバチャンなどにも置いて行かれるだろう。クラッチワークを気を付けないとエンストもしやすいはずだ。
25GT,B4,WRXらの出足が日常ユースでまずまずなのは、最高出力を押さえて圧縮比を9まで高めている為だ。STi,S204は圧縮比が8.0とかなり低めで、ターボが効かない領域ではトルクが極端に細る結果になっている。低速トルクが細りすぎない為には、圧縮比9以上の車種を選ぶべきだろう。
 次に、ターボが十分効いた状態を見てみよう。

tolqueimp2
グラフ2 加速開始から3.0Sec後の加速度(2速ギア)

 
 ターボが十分効いた状態ではランエボ、STiとS204の暴力的な加速が際だつ。但しこれはエンジン圧縮比(低速トルク)を犠牲にした結果だ。一般道では過剰スペックだが、高速道路やレースでは強さを発揮するだろう。  ランエボとSTiは良く比較されるが、両者のカーブはほぼ重なっており出足以外は実質同等とみられる。

インプレッサはただのWRXがお勧め

 多くの人がSTiに気が向くだろう。WRXと100kg違うことを知っても、それがどう影響するかわからないため、結局絶対的なパワーと、その他付帯装備に目が行ってSTiを買ってしまう人が多いのではないだろうか。私のお薦めはただのWRXである。グラフではSTi有利の結果になっているが、これは直線加速一面だけの結果であって、運転時の「気持ちよさ」はこれだけでは決まらない。
クルマは1.4トンを超えると、どうしても重たい感じがしてしまうことが経験的にわかっている。日常の様々な場面でWRXの軽さがメリットに感じる場面は多いだろうし、乗り心地も含め、WRXの方が扱いやすく※軽快に走るはずだ。
 ※WRXが5MTということもポイントが高い。公道を走る限り6MTはシフトチェンジが煩わしくなるだけでメリットはない。それに6MTは構造が複雑なため5MTに比べると入りがどうしてもシブい。いくら多段でもシフトフィールに引っかかりがあると、楽しさは半減してしまうものである。

 

<参考購入先>
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です