幽霊は存在するか

「幽霊」とは、自然現象を誤認した物か、過度の疲労や不安な心理状態が作り出した幻覚(脳が見せる幻)である。「生まれつき、霊感が強い、幽霊を見ることが多い」という人は、つねに不安や悩みを抱えていて精神的に不安定なことが多いようだ。幽霊が物理現象なら、誰の目にも見えなければならない。特定の人にしか見えないということは、その人の「特殊能力」ではなく、「精神状態に問題がある」と考えるのが適当だ。とはいえ、人間、得体の知れないものには恐怖を抱く。そこで今回は、世間で言われている様々な現象について考察してみよう。

 

心霊写真とは何か

 幽霊がカメラに捕らえられたのが事実なら、それは物理現象といえる。しかし、本や写真で紹介される心霊写真はすべて自然の物理現象を、カメラの仕組みを知らない素人が幽霊と勘違いしたものである。よくあるのが、裏蓋の光漏れ、レンズ手前に写ったストラップ(その模様から蛇のように見える)などだ。多重露光を使って意図的に作られた心霊写真も多い。多重露光を使えばどのような心霊写真も捏造可能だ。私も、仏壇と懐中電灯の光を多重露光して心霊写真を作ったことがある。  夏になるとテレビで様々な心霊写真が紹介されるが、明らかな勘違い写真に霊媒師が適当な講釈をしているのが何とも笑える。霊媒師も少しはカメラの仕組みを勉強すべきだろう。

 

監視カメラに写った物は心霊現象か

 これも写真と同じで、自然の物理現象を、素人が幽霊と勘違いしたものである。監視カメラはレンズやCCDの画質があまり良くないため、光の加減で起こる様々なものが幽霊として誤認されやすい。

 

幽霊の映画を作るとスタッフが奇妙な体験をするのはなぜか

 幽霊の映画を作ると、その制作スタッフの多くが不安定な精神状態になる。そんな状態で仕事を続ければ事故が起こりやすくなる。また、何でもないノイズ映像や音声が幽霊の仕業として誤解されるケースが増える。

 

絵に書いた目が動くのはなぜか

 古くは渡邊金三郎が書いた生首の目が生放送中(1976)に開いた(ように見えた)話が有名で、最近では座敷わらしの瞬きが話題になっている。これらはいずれも光の反射や陰が原因と見られている。

 

人形の髪の毛が伸びるのは霊のしわざ?

 人の髪の毛は切った後も残っている栄養で若干伸びるのが常識だ。これを知らない人が「人形に霊魂が乗り移った」と勘違いしたものである。

 

幽体離脱・金縛りとは何か

 寝ている自分の姿を見たという体験は「夢を見た」にすぎない。離脱したときの周囲の状況を覚えているという事例があるが、人間は寝ていても耳は聞こえる為、耳からの情報だけで周囲の状況をある程度類推可能である。寝ている間耳から聞こえてきた情報が、夢の中で具現化されたものと考えられる。
 金縛りは体が寝ているのに意識だけ覚めてしまったときに起きる現象で心霊などとはまったく関係が無い。

 

あの世は存在するか

 人間瀕死の状態になるとお花畑や川のような物が見えることは日本に限らず万国共通に報告されている。これは脳の一部を刺激することで似たような夢をみることが知られており、死の苦痛を和らげるために仕組まれた脳のプログラムといわれている。  そもそも「来世」「死後の世界」といったものは、人の命が有限であることを知った人類が、死の不安から大衆の目をそらすために作られた宗教的な概念と言われている。中には前世の記憶が有るという人もいるが、「私は宇宙人に会った」というのと同じくらい信憑性が低い。

 

<関連商品>
心霊現象の本 幽霊を捕まえようとした科学者の本が出版されています

<関連資料>
宗教の問題点