HDDレコーダと連動コンセント

もうすぐ放送が地上デジタルに切り替わる。うちの場合、「既存のブラウン管TV+デジタルチューナ内蔵HDDレコーダ」で対応の予定だ。この場合、テレビを見るだけでもテレビとレコーダ、両方の電源を入れる必用があり面倒だ。 ここで欲しくなるのがデッキの電源に連動してON/OFFするサービスコンセントだ。これがあると2コの電源を付ける必用が無くなる。昔のビデオデッキには普通に付いていたこの機能、最近はほとんどみかけない。

日常の使い勝手を優先すると「デジタルチューナ内蔵テレビ」となるが、液晶テレビの画質は破滅的に悪い※うえに価格も高いため、買い換える気が起こらない。

※店頭でみる液晶テレビの画質は素人目に「綺麗」に映るだろう。画質はブラウン管に遠く及ばないというのが私の観察だ。特に、ベタっとディティールがつぶれたその絵は、まるで水彩画を見ているようである。

液晶テレビは高いし、デジタルチューナだけ個別に買うくらいなら、レコーダを、と考える人も多いだろう。次のモデルチェンジの際には、電源に連動するサービスコンセントを、是非とも搭載してもらいたい。一見地味だが、大きな特徴の一つになるはずだ。

 

<関連商品>
テレビ・レコーダー
連動タップ 連動コンセントがない場合便利です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です