試乗記~スバル インプレッサ S-GT 5MT(CBA-GH8)

試乗日:2007/6/24

ボディ・内装
 外観は一見良いデザインに見えるがBMW3シリーズをモチーフにしたことは明らか。フロント、サイド、リアなどBMWのコピーだが、モロマネはなく部分コピーの寄せ集めであるため全体的には違うクルマに見える。ドアノブの線に沿ってエッジを立たせたところはモロBMW。これはやってはいけなかった。 
内装デザインに見るべき点はなく、質感も大幅ダウンし軽自動車並になってしまった。皮シボ模様のパネルはいかにもプラスチッキーで、シルバーの部分もノッペリしていて質感がない。天井パネルも中身が無くなってボンつくし、バイザーも素材がグレードダウンしている。サイドブレーキにブーツがあろうが安く見える事に変わりない。

 空調騒音は従来通り、問題ないレベルにある。オーディオの音質はオーディオレスだったため不明。

 安い外観とは一転して、ボディやサスペンションなど中身には相当お金がかかっている。ドアの閉まり音やウインドウ上下作動音などは先代同様重厚感あふれるもの。このあたり、見えない所は徹底的にコスト優先の設計をするトヨタと対照的だ。

 コストの配分にムラがあることも気になる。ボンネットのダンパーやワイパー、ミラーのヒータがそう。グローブボックスのダンパーも贅沢装備で部分的に「高級」である。

走り
 以前、インプレッサはSTiでないWRXがベストと考えていたが、近隣他県まで含めて試乗車がなかったため検証出来ないままだった。今回のS-GTはこのWRXに相当するものであり、モデルチェンジによってようやく検証の機会を得た。実際走り出してみると、インプレッサの乗り味がしっかり継承されている事がわかる。一言で言えば「重装甲車」で、STiより100キロ軽くても重ったるい印象はあまり改善されていない。この車重であれば軽快なドライビングを味わえると期待していたがそれは無かった。

 コーナを攻めてみるとハンドルを切った以上に曲がる感じで思い通りに走る。ただ4WDはスタビリティが高すぎる感じで面白みに欠ける面は否めない。タイヤ交換の機会が有れば、タイヤのグリップを前後で変えてオーバーステアに振るのも手だ。

 エンジン音は従来とほぼ変わらずだが、ターボ補機類の音が若干被るようだ。高回転で音はかなり大きくなるが音色は破綻しない。予測通り低速から十分なトルクがありターボとのつなぎも割とスムース。アクセルオンから3秒待たないと加速が始まらない高圧縮ターボとは異なる。

 クラッチはやや重めだがSTiほどではない。5MTはストロークが短すぎて入りがやや渋い。このあたり、何でも短めがよいと考えるのは間違いだ。とはいえ、STiのように「叩き込む」イメージではない。

 乗り心地はとてもよく、乗用車並。17インチ50タイヤでも尖った感じは全く認められないし、ロードノイズもほどんと目立たない。

総合
 新しいインプレッサは従来のスパルタンなイメージを捨て、より一般ユーザ向けに生まれ変わった。従来のインプレッサはパフォーマンスだけが売りで下位グレードに魅力は無かったが、今度は下位グレードがメインであり、しかも中身が手抜きされずしっかりと作られている。クラス不相応に力の入った中身は、ラリーに出る事情があるのだろう。そのため新しいインプレッサはこのクラスの大衆車では絶対にあり得ない「走りの質感」を実現している。今時の大衆車は見てくれだけで中身が無いから、乗り比べれば一発で違いがわかるに違いない
 ラインナップはとてもユニークで1.5LクラスにMTを用意しているところがいかにもスバルらしい。まるで、「MTで存分に走りを楽しんでください」と言っているかのようだ。この1.5Lは排気量に対して車重が重めだが、MTではギア比が低めに設定されており意外と楽しいかもしれない。
 S-GTにはスポーツパッケージがある。17インチのタイヤサイズが205/50であり、轍にハンドルを取られない基準を満たしているからこれでも良いが、ホイールデザインがBMWそっくりでBMWをコピーしたイメージが協調されてしまうのが難点。
 そのうちSTiも出るだろうが、こちらは前例のごとくマニア受けの装備をゴテゴテ付けて重くなってしまうだろう。ピークパワーを稼ぐために低回転トルクが犠牲になることも予測される。STiのような特殊なグレードがメインでなくなり、S-GTのようなモデルが主力になったことは歓迎できる。

<関連商品>
インプレッサの人気カー用品
アマゾンの中古車 クルマも通販で買える時代です