断熱施工落のとし穴~その1

 世の中様々な断熱工法があるが、素人の創作なのか、おかしなもの、やたら複雑なものを見かける。断熱工法は、「簡単」で「欠損のない」ことが一番重要であり、それが出来るものであれば何でもよい。

 下の模式図は我が家で実際に施工した断熱構造である。建物は「木造軸組」であり、外壁との間に「通気層」を設け、透湿防水シート(タイベックなど)を貼り、内側から透湿性のある発泡ウレタン(フォームライト、アイシネンなど)で吹き付けて終わりというものだ。

dannetu1 透湿シートと発泡ウレタンだけで構成された断熱構造。高い断熱性能と施工精度を両立でき、比較的低コストで実現可能である。

 耐力壁のない「木造軸組」で構成され、通気層と透湿防水シートが隣接している点がポイント。湿気は直ちに外部に放出され、結露の可能性は極めて低い。

 

この工法の特徴を次に示す。

•隙間の無い施工ができる。
 コンセントや換気ダクトの貫通部は断熱欠損しやすい部分だが、発泡ウレタンは複雑な空間や狭いところに入り込むため、欠損に関しては完璧に近い断熱施工ができる。

dannetu3 左はコンセントボックス、ダクトパイプを最初からつけた状態で発泡ウレタンを施工したところ。筋交いの隅々まで入り込んでいることがわかる。天井付近に部分吹きつけしてあるのは外から貫通してくる補強金物の部分だ。見逃し安い部分だが、何もしなければここも結露の原因になる。

 

•結露に強い
 ウレタンが透湿層を介して外気に隣接しているため、たとえ断熱層に水蒸気が浸透しても即放出されるため結露がおこりにくい。透湿層の内側に耐力壁を配置した工法の場合、結露しすいことが実験で確認されている※。

※2×4ではこの問題を改善するため断熱材の表面にビニールを貼ることが多い(ベイパーバリア)。しかしコンセントや吸排気管の貫通部まで完全にシールすることは困難である。

 

•適度な通気性がある
 フォームライト、アイシネンはゆっくりした速度で空気や湿気が出入りする。これによって計画換気が行き届かない天井裏も湿気が溜まりにくい。呼吸しない高気密住宅では、空気が淀むと結露やカビのリスクが高まる。

 

•勾配天井が容易
 勾配天井はタルキに透湿シートを貼ってウレタン施工するだけでよいため低コストで出来る。天井部分は輻射熱が問題になりやすいが、その対策に遮熱シートを貼ったり、遮熱効果のある透湿シート(タイベックシルバー)を使う必要はない※。

※夏場、野地板裏面が60℃のときの二次輻射は140W/m2程度だ(放射率×形態係数=0.82)。これが発泡ウレタン(80t,10W/m2K at 37℃)の表面で100%熱に変わったとしてもウレタンの断熱性によって室内側ではわずか0.5℃の上昇にしかならない。遮熱工法は屋根裏の断熱が弱い場合に有効といえる。

 

dannetu2左は勾配天井を作るためタイベックを貼ったところ。この裏にタルキ間の隙間(通気層)がある。作業はやや面倒だが低コストで十分な断熱性能をもつ勾配天井が実現できる。

dannetu4 タイベックの上からフォームライトを吹き付けしたところ。

 

•燃えたらどうなるか
 「発泡ウレタン」というと火事に弱いとか、有毒ガスの発生を問題視する人が多いが、建材として使用を認められているものであれば、当然世間の基準を満足していると考えるのが適当だ。実際、フォームライトの破片を火にかけると燃えるが、プラスチックを燃やしたときのようないやな臭いはせず、自己消化することを確認した。

 

•2×4のような耐力壁がある構造ではどうするか
 耐力壁のある2×4では断熱材にグラスウール、アイシネン、フォームライトを使うと結露の可能性がある。これは、耐力壁が湿気の透過を妨げてしまうからだ。2×4ではクギをたくさん使うが、外から貫通してくるクギが露出している部分で結露する可能性が高い。  耐力壁がある工法の断熱には、湿気を通さない「独立気泡」の発泡ウレタンを使うのが正解だ。

 

<関連商品>
発砲ウレタンスプレー 最近安くなりました
断熱材の一覧
家作りに役立つ本