アンプのダンピングファクターを実測比較する

 いくつかのアンプについてダンピングファクター(DF)を測定した結果をご紹介する。測定は、2.5~4Ωの負荷抵抗を使ってON/OFF法[1]で実施した。

 測定には1kHzの正弦波が正確にデジタル記録されたCD(DENONオーディオチェックCD 38C39-7147)を使い、出力電圧はデジタルテスタを用いて測定した。

 

    • 表1 各種アンプの出力インピーダンスとDF(実測値)

dfgraph1

 マッキントッシュの( )内抵抗値はトランスのタップを示す。DFが300を超える物は、テスタの接触抵抗が無視できず誤差が大きい点容赦いただきたい。

 

DFは価格に比例する、但しプロ用の高DFは注意

 表1を見るにDFは概ね、価格に比例するようだ。

 おなじDF=300でもプロ用アンプアキュのそれとは中身が異なる。プロ用アンプの高いDFは強いNFB(フィードバック)の結果であり、アキュのDFは多数の出力素子をパラにした結果。

 プロ用アンプはSPケーブルを長く引き延ばして使う事情から、NFBを強くかけてDFを高くしているのが普通であり、中身が優れているわけではない。DF大きさだけをみてアンプの優劣を判断するのは間違いなので注意したい。

 

高級アンプほど細く安いケーブルが使える

 ところで、アンプに関してはDF(出力インピーダンス)を揃えると音が同じに近づくという話だった[2]。そこで、DF=40を目標として、必要なSPケーブルの長さを逆算してみた結果を次に示す。

 表中の「スケア」はケーブルの太さ(mm2)。高級アンプほど細く安いケーブルで十分なことがわかる。

 

    •     表2 DF=40を満足できるSPケーブルの許容最大長さ

dfgraph2計算式
L = A (Rsp – DF・Ro)/(0.001・2・17.241・DF) (m)
≒ 29 A (Rsp – DF・Ro)/DF (m)

A:スケアサイズ(mm2)、Rsp:SPの公称インピーダンス(Ω)、DF:目標DF、Ro:AMPの出力インピーダンス(Ω)、17.241:銅線の抵抗値(mΩmm2/m)、分母を2倍しているのは往復分。

 

ケーブルを5mで使う場合、パイオニアミニコンポ(A-N701)に2スケア、アキュp-550に1スケアのケーブルを付けることでDFが揃う。両者の音の違いを聞き分ける人は、おそらくいないだろう。

 

2スケアを3m以下で使えばケーブルを無視できる

 表2の結果からすると、2スケアのケーブルを3m以下で使えば、多くのケースでDFが40以上になり、SPケーブルの影響を無視できる。

 3m以上で使う場合は、より太いものにするか、2スケアのケーブルを並列に2本繋げば良いだろう。

 

<関連商品>
アンプの商品一覧 DFが高すぎるものはNFBが強くかかっている可能性があり要注意です

<関連記事>
1.オーディオ機器のクオリティを見抜く~出力インピーダンスを測定比較する
2.ブラインドテストの落とし穴~アンプ、ケーブルの比較はすべて間違っていた!